虐待されている街路樹たちの悲鳴

樹木

街路樹のある歩道を歩いていると、
ふと、樹木の根で足元が
盛り上がっていることがありますよね?

あの現象は、実は樹木からの
SOSのサインです。

おどろおどろしいタイトルにしましたが、
このタイトルは街路樹にとって
過度な表現ではありません。

ということで、
今回は街路樹の現状について解説します。

事故にもつながる大切なことなので
ぜひ最後までお付き合いください。

 

街路樹が植えられた劣悪な環境

樹木は本来舗装されていない
自然の中で生育しています。

また、空気はきれいで、
土にはたくさんの水分が含まれています。

しかし、道路に植えられた樹木は、
とても厳しい環境に晒されることになります。

 

街路樹が植わっている部分を
植樹マスといいます。

植樹マスは樹木を植えるために設けられたもので、
舗装された歩道に土の部分を残して、
そこに樹木を植えます。

この植樹マスの大きさが、
今、多くの樹木を苦しめています。

当然ながら、樹木は成長します。
しかし、植樹マスは成長しません。

現在の多くの街路樹は、
小さい植樹マスの中で懸命に生きています。

これは大人になっても
ベビーベッドで寝かせられているようなものです。

まず問題が起きるのは根系です。

小さい植樹マスでは
根を自由に張れません。

根は樹木にとって栄養を取る大事な器官なので、
ここに障害があると樹勢が悪くなります。

また、樹木は根っこで呼吸をし、水を吸います。

この活動は根っこの先の部分で行われており、
根を伸ばせないと、
広い範囲から酸素や水を吸収することが出来ません。

つまり、限られた範囲の
水と酸素しか吸収できない樹木は、
吸収量が必要量に追い付かなくなり、
弱ってしまいます。

そして、大きくなった樹木はやがて
酸素と水を求め地表付近に根を発達させようとします。

これが、街路樹が歩道を盛り上げるように
根っこが発達する理由です。

また、この根の発達時に
コンクリートやアスファルトがあると、
根と構造物との接触部に傷ができます。

根っこの傷は樹木にとって致命傷であり、
病気になる可能性が極端に上がります。

根の病気は樹体を支えられなくなるので、
倒木事故につながる恐れがあります。

 

また、街路樹によく見られるのが支柱です。

樹木が風で倒れないように
幹に丸太を添えて強風に備えています。

しかし、この丸太も樹木に問題を起こします。

長い間、樹木と丸太を縛り付けると
樹木の表皮は痛み、
そして、だんだんと丸太を飲み込むように
成長し始めます。

この時にできた傷や変形した箇所は
病気の引き金となり、
倒木のリスクが高くなります。

本来、根がしっかり成長できる場所であれば、
植樹して1~2年で支柱は撤去できます。

しかし、街路樹の様な悪い環境に植えられると
根の成長が弱く、支柱を外すことが出来ません。

そして、メンテナンスもしないので
丸太の当たっている部分から
病気になっていってしまうのです。

 

また、樹木にとっては排気ガスも
樹勢を衰えさせる原因となります。

樹勢が衰えた樹木は、病気の感染や
害虫からの被害を受けやすくなってしまいます。

 

 

このように、人間の都合のみで植樹された樹木は、
とても劣悪な環境に晒されています。

更に、定期的な剪定により大きな枝を切られてしまったり、
葉がほとんどついていない状態にされてしまったりと、
踏んだり蹴ったりです。

 

このような現状に、
少しでも多くの方が疑問に持ち、声をあげて、
計画、設計から見直す流れを作っていきたいです。

かわいそうな樹木を見つけたら、
ぜひ自治体に問い合わせをしてください。

特に街路樹にサルノコシカケ(硬いキノコ)ができていたら、
その樹木は倒木するリスクがとても高いです。

発見し次第、速やかに自治体の
道路課や環境緑地課等に報告をお願いします。

よろしくお願いします。

 

ではまた。

コメント