コナラの特徴と育て方

植物図鑑

コナラ( Quercus serata)

〇科名:ブナ科

〇和名由来:しなやかな様を表すナラナラから。諸説あり。

〇学名由来:「Quercus 」=良質な木材 の意
「serata」=鋸歯のある の意

〇別名:ナラ、ハハソ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道南部~九州の山野

 

〇葉の特徴
葉は5~15㎝の倒卵上長楕円形または倒卵形で互生する。
尖った鋸歯があり、先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で光沢があり、
最初は毛があるが、後に無毛になる。
裏は灰緑色で微毛がある。

〇花の特徴
4~5月に新枝の基部から淡緑色~褐黄色の尾状花穂が垂れ下がる。

〇実、種子の特徴
果実は卵状楕円形の堅果をつける。

〇幹、枝の特徴
灰色で縦に裂ける。
裂け目の間は平滑な面が残る。
平滑面が白く、裂け目が黒いので
縞模様に見える。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長は早い。自然系が美しいので剪定は避ける。
潮風にも強く、海岸近くでも耐える。

〇病虫害

・ナラ枯れ
カシノナガキクイムシが
ナラ菌を媒介することで発生する病気。
成虫は体調4.5㎜程度。
5~10月、特に6~7月に発生する。
樹幹を穿孔され、産卵される際にナラ菌に感染する。
被害木は確認し次第伐採処分する。

〇利用、豆知識
雑木の庭によく合う樹木。
大きくなるので植樹場所はスペースが必要。
秋に黄葉が楽しめる。

薪炭材やシイタケのほだ木として多く利用される。

昭和20年ごろまでは飛騨の地域で
どんぐりの灰汁抜きした粉を団子にして食用とした。

コメント