ハナカイドウの特徴と育て方

植物図鑑

ハナカイドウ( Malus halliana)

〇科名:バラ科

〇和名由来:漢名「海棠」の訓読み

〇学名由来:「Malus」= ギリシャ語でリンゴを表すMalonの転
「halliana」= 植物採集者ハリにちなんで

〇別名:カイドウ、ネムリバナ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:中国原生

 

〇葉の特徴
葉は3~8㎝の卵円形または卵状長楕円形で互生する。
縁には鈍鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は緑色で葉裏は淡緑色。

〇花の特徴
リンゴに似た淡紅色の五弁花をつける。

〇実、種子の特徴
長い柄の先に球形の小さな果実をつける。

〇幹、枝の特徴
灰色で平滑な面に地衣類が目立つ。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長は速度は遅い。
剪定は厳冬期に行う。
細かい枝が出やすく、絡み枝や交差枝を取り除く剪定を行う。

〇病虫害
・赤星病
さび病と呼ばれる病気の一つ。
葉に感染し、橙色の病斑を形成する。
病気の侵攻とともに病斑は拡大し、葉裏にけば立った菌が発達する。
罹病葉は焼却処分する。
また、新葉の展開時に登録農薬を散布する。
近くにカイズカイブキが植わっていたら撤去する。

〇利用、豆知識

花木として和風の庭に植えられる。

盆栽や切り枝など、観賞用としても使われる。

材は固く紅褐色をしており、建材や家具に使われる。

花言葉は「美人の眠り」。

 

コメント