白神山地が世界自然遺産に登録された理由とは?

生物多様性

白神山地とは、
秋田県北西部と青森県南西部にまたがる
広大な山地帯の総称です。

この白神山地は、1993年に
世界自然遺産に登録されました。

では、なぜ白神山地は
世界自然遺産に登録されたのでしょうか?

そこには、日本の地形が
大きく関わっていました。

今回の記事では
白神山地が世界遺産になった理由に
迫っていきます。

 

白神山地の特徴

白神山地は、秋田と青森にまたがる
約13,000haに及ぶ山地です。

ここは約200万年前に、日本海から隆起して
山地が形成されました。

地層は9000年前にできた花崗岩を基盤に、
海だった頃の堆積岩と
海底火山から噴出した貫入岩類(地中のマグマが上昇してできた岩)
で構成されています。

 

白神山地と言えば
ブナの原生林が有名です。

実際、ブナの原生林が評価され、
世界遺産に登録された経緯があります。

しかし、ブナ林自体は世界各国にあります。
日本でも他の地域にみられてもおかしくありません。

なぜ白神山地だけが
世界遺産に登録されたのでしょうか?

 

白神山地が世界遺産に登録された理由

白神山地のブナ林には大きな特徴があります。

それは、約3000万年前の植生に近い環境が
保存されていることです。

かつて、日本のブナ林は
建築材の用途で多くを伐採された経緯があります。

しかし、白神山地は地形が厳しく、
都市からも離れていることから
人為的な影響を逃れてきました。

また、世界のブナ林は
地球が寒冷化していた約7万年~1万年前に
寒さを逃れ生息地を南下させようとしていました。

しかし、東西にまたがる
アルプス、ヒマラヤ造山帯があるため、
その山を越えることが出来ない植物が絶滅してしまい、
もともとの植生は消えてしまいました。

その点、日本の山脈は南北に伸びているため、
植生ごと南下することで
元の自然を保つことが出来たのです。

これらのことから、世界をみても、
白神山地のブナの原生林は
とても珍しく価値のあるものだと認められて、
晴れて平成5年12月に世界自然遺産に登録されました。

つまり、白神山地は世界的にも珍しい、
3000万年もの生物の歴史が刻まれた
とても貴重な場所だったのです。

 

 

ということで、今回は白神山地の紹介でした。

先日、白神山地のビジターセンターに行ったのですが、
展示もとてもよくできており、
映画館のような大きなスクリーンで
白神山地を紹介するビデオが見られます。

近くをお立ち寄りの際は
ぜひ行ってみてください。

 

ではまた。

コメント