イヌツゲの特徴と育て方

植物図鑑

イヌツゲ( Ilex crenata)

〇科名:モチノキ科

〇和名由来:ツゲに似ていることから。

〇学名由来:「Ilex」=セイヨウヒイラギのラテン名。
「latifolia」=円鋸歯状の の意。

〇別名:ツゲ、ヤマツゲ、オオツゲ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄異株

〇分布:日本各地の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは1.5~3㎝程度の楕円形、または長楕円形。
縁は低い鋸歯があるか全縁で、先端は尖る。
葉の表面は濃緑色で光沢があり、葉裏は淡緑色。
ツゲの葉は対生だが、イヌツゲは互生する

〇花の特徴
夏に白色の四弁花が咲く。

〇実、種子の特徴
雌木は11月に球形の実をつけ、黒紫色に熟す。

〇幹、枝の特徴
灰白色で平滑。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
基本的には刈込剪定を行う。
剪定は新芽の固まった5~6月に行い、
秋口にもう一度行うと密で綺麗な玉になる。

〇病虫害
・イヌツゲ枝枯病
近年、被害が増えてきている病気。
細かい枝が枯れ始め、次第に被害が広がっていく。
枝が枯死した後、樹皮がはがれて黒くなった枝と
病原菌の子座が観察できる。
剪定痕から感染すると言われているが、
詳しいことはまだわかっていない。

 

〇利用、豆知識

和風の庭や公園によく植えられる樹木。
生垣や玉造りの庭園木として使用される。

耐潮性があるため、海岸近くでも耐える。

雌雄異株で、雌木には黒っぽい実がなる。

ツゲとは別種で、ツゲを「ホンツゲ」と言い、
区別することがある。
イヌツゲの方が耐寒に優れるため、
関東ではイヌツゲが植えられ、
関西ではツゲが植えられることが多い。

キンメツゲ、マメツゲ、スカイペンシルは
全てイヌツゲの品種。

材は堅く均一な材のため、印材として用いられる。

樹皮からは鳥もちが取れ、
イヌツゲから作られた鳥もちは「青もち」と呼ばれる。

コメント