ヤマツツジの特徴と育て方

植物図鑑

ヤマツツジ( Rhododendron kaempferi)

〇科名:ツツジ科

〇和名由来:山に自生するツツジの意

〇学名由来:「Rhodon」=赤い「dendron」=木 赤い花を付ける木の意。
「kaempferi」=ケンフェル(江戸中期に来日した)の の意。

〇別名:アカツツジ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の山野

 

〇葉の特徴
葉の長さは3~5㎝程度の楕円形、また卵形。
縁は全縁で毛があり、先端は尖り腺状突起がある。
葉の表面は緑色で葉裏は灰緑色。
葉の裏表に毛が生える。葉は互生する。
春の葉は落葉し、夏に出た葉は一部越冬する。

〇花の特徴
初夏、5裂した漏斗状の紫紅色をした花が咲く。

〇実、種子の特徴
果実は円錐形のさく果で毛が密生する。

〇幹、枝の特徴
樹皮は茶褐色。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
花後、すぐに翌年の花芽をつけるので、
花が枯れ始めたら剪定するようにする。
移植は冬と真夏を避ければ比較的容易。

〇病虫害
・もち病
新葉、新芽に発生する。
罹病すると、著しく肥大した菌こぶを生ずる。
菌こぶは肉質で袋状、耳たぶ状ないし不規則形をしている。
色は淡緑色で後に白色粉状の子実層が付着する。
病葉は見つけ次第焼却処分する。
常発する場合は登録農薬を散布する。

・ツツジグンバイ
成虫は体長3~4㎜、頭部は褐色で全体は黒色。
背面は白色で、羽は軍配の形をしている。幼虫は黒褐色。
年4~5回発生し、花木の落葉下で越冬する。
4月に成虫は葉の裏に乳白色の卵を産み付け、幼虫は5月に孵る。
葉の裏で吸汁し、被害葉は白斑がカスリ状に現れる。
葉の裏にはタール状の黒色糞が残る。
風通しが悪く高温乾燥の条件下で多発する。
罹病時は、適用農薬を葉裏に散布するようにする。
土壌用の農薬もある。

〇利用、豆知識

和風の庭によく植えられる樹木。
雑木の庭にもよく用いられる。

ムラサキヤマツツジ、サンヨウツツジ、
オオシマツツジなど、品種も多い。

コメント