トウカエデの特徴と育て方

植物図鑑

トウカエデ( Acer buergerianum)

〇科名:ムクロジ科

〇和名由来:唐カエデ

〇学名由来:「Acer」=裂ける
「buergerianum」=ブリュゲルの の意。

〇別名:サンカクカエデ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:中国原産

 

〇葉の特徴
葉は掌状で3裂する。
縁は全縁で、大きな波上になる。
葉先は鋭く尖る。
若木は鋸歯があり、深く3裂する。

〇花の特徴
4から5月、淡黄色の5弁花を散房状につける。

〇実、種子の特徴
10月頃、翼果が付く。

〇幹、枝の特徴
縦向きに激しく樹皮が剥げる。
褐色~灰色の樹皮をしている。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
モミジは1月にはすでに休眠から起きており、
根で水分を吸い上げているため2月以降の剪定は
剪定痕から樹液が噴出して傷みやすいので注意。

〇病虫害
・トビモンオオエダシャク
ガの仲間。幼虫は大きいもので7~9cm程度の大きさになる。
4~5月に発生し、葉を食害する。
幼虫の発生期に農薬を散布するか捕殺する。

・モンクロシャチホコ
ガの幼虫。幼虫は大きいもので5㎝程度の赤~黒色の毛虫。
ほとんどの植物の葉を食べる多犯性の害虫。
8~10月に発生し、葉を食害する。
幼虫の発生期に農薬を散布するか捕殺する。

・カミキリムシの仲間
ゴマダラカミキリの食害にあうことが多い。
成虫の捕殺が効果的。
成虫発生期、または発生前に樹幹に散布する農薬もある。

・モミジニタイケアブラムシ
体長は2~3mmで暗赤褐色をしている。
4月頃に新芽から吸汁加害するし、すす病を誘発する。
剪定で風通しのいい樹形を確保することや、適用農薬の散布で対応する。

〇利用、豆知識
雑木風の庭に合う植物。
紅葉が綺麗な樹木で、街路樹にもよく使われている。

‘花散里’という品種がある。
この品種は葉が
ピンク→白→黄色→黄緑→緑→橙と変わっていく。
レインボーメイプルとも呼ばれる。

コメント