ホオノキの特徴と育て方

植物図鑑

ホオノキ( Magnolia hypoleuca)

〇科名:モクレン科

〇和名由来:大きな葉で包むため、包の木から。諸説あり。

〇学名由来:「Magnolia」=植物学者のP・マグノルから。

〇別名:ホオカシワノキ、ホオカシワ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道~九州の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは15~40㎝で倒卵形または倒卵状長楕円形。
縁は全縁で、葉先は鈍形で小さく突出する。
葉の付き方は互生。
葉の表面は緑色で、裏は淡緑色で長軟毛がある。

〇花の特徴
5~6月に、芳香のある白い五弁花を付ける。

〇実、種子の特徴
9~10月頃に長楕円形の集果がなり、
赤色に熟して開裂する。

〇幹、枝の特徴
平滑で灰白色。皮目はあまり目立たない。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
モクレンの仲間は細根の発達が弱く、移植に弱い。

〇病虫害

特になし。

〇利用、豆知識
工場緑化など、広い場所で植えられる樹木。
大きくなるので庭には不向き

病虫害も少なく育てやすい。

材は軟質で均一のため、細工によく使われる。
また、収縮や反りも少ないので
刀鞘、下駄、ピアノの鍵盤、精密機械の木部として用いられる。

ホウノキの木炭は上質なため、金銀の研磨に使われる。

葉にも芳香があるため、朴湯や朴葉味噌に使われる。

漢方では樹皮を乾燥させたものを厚朴(こうぼく)と呼び、
神経性胃炎や利尿などに用いる。

 

コメント

  1. 松本 より:

    初めまして。すみませんが、質問させていただいてよろしいでしょうか?
    秋田市に住んでおります松本と申します。以前友人にもらった「マグノリア」、なかなか鉢植えから庭におろせませんでしたが、ハクモクレンかと思い、昨秋新築した家の小さな花壇に植えました。そうしたら鉢の時代(2年ほど)にはみられなかったすごく大きな葉がついて、初めて大きな白い花が咲き、朴の木だったとわかりました。大きくなりそうですが、まだ70cmほどで、このまましばらくここで育てようと思います。昨年の冬にはまだ小さかったし暖冬で雪がほとんど積もらなかったので放置しましたが、今年は雪囲いのようなことをすべきでしょうか?
    寒くなって葉がいきなり黄色くなって落ちましたが、枝に芽はたくさんついています。

    • カントーカントー より:

      マグノリアという名前は、いわゆる「モクレン属の総称」です。

      ホオノキは落葉樹のため、黄葉して落葉するのは通常の生理現象なので、
      心配はいらないと思います。

      基本的には、雪囲いはいらないと思います。
      鉢植えということなので、強い降雪時は玄関の前やカーポートの下など、
      屋根のある場所に移してあげると良いでしょう。
      良い場所がなければ、外でも大丈夫かと思います。
      来年以降、落葉前に降雪するようなことがあれば、
      雪除けを考えてあげてください。
      ホオノキは葉が大きいので、枝折れの原因になります。

      ホオノキは高木になる樹種なので、
      今後、根詰まりや生育不良になる可能性はあります。
      少なくとも、鉢植えで育てる樹種ではありません。
      細かく剪定、針替えをしてあげるか、
      地植えにしてあげた方が良いと思います。