タムシバの特徴と育て方

植物図鑑

タムシバ( Magnolia salicifolia)

〇科名:モクレン科

〇和名由来:カムシバの転。噛むと甘いことから。

〇学名由来:「Magnolia」=植物学者のP・マグノルから。
「salicifolia」=ヤナギ属のような葉の の意。

〇別名:カムシバ、サトウシバ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州~九州の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは5~15㎝で被針形または卵状被針形。
縁は全縁で、葉先は鋭頭。
葉の付き方は互生。
葉の表面は緑色で、裏は帯白色。

〇花の特徴
4~5月に、白い6弁花を付ける。

〇実、種子の特徴
9~10月頃に袋果が熟して開裂し橙色の種子が出てくる。

〇幹、枝の特徴
平滑で灰白色。皮目は目立つ。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
モクレンの仲間は細根の発達が弱く、移植に弱い。

〇病虫害

特になし。

〇利用、豆知識

病虫害も少なく育てやすい。

蕾を干したものを辛夷とよび、
頭痛、鼻炎などに用いる。

 

コメント