ケヤキの特徴と育て方

植物図鑑

ケヤキ( Zelkova serrata)

〇科名:ニレ科

〇和名由来:けやけき(尊きの意)木から。諸説あり。

〇学名由来:「Zelkva」=Z.carpinifoliaのコーカサス名。
「serrata」=鋸歯のある の意。

〇別名:ツキ、ツキケヤキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州~九州の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは3~10㎝で卵状楕円形。
縁は鋭い鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表面はやや濃緑色で光沢があり、最初は表面に毛があるが、
後に無毛になる。裏は灰緑色で脈沿いに毛がある。
秋は黄葉する。

〇花の特徴
春、新葉と同時に淡黄緑色の小花を咲かす。

〇実、種子の特徴
秋に灰黒色に熟す。

〇幹、枝の特徴
若木は灰色で平滑。横長の被目が目立つ。
成木ではうろこ状に樹皮がはがれ、
そこが褐色になり斑模様になる。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
成長は早い。
徒長枝が重くなるので、苗木の頃は剪定が必要。

 

〇病虫害
・べっこうたけ病
根系や樹幹下部の傷から侵入し、材を腐朽させる。
病気が進行すると形成層を侵し、樹勢を衰えさせ、
最終的に枯死させる。
感染した樹木の材は白色腐朽を起こすため極めて脆弱となり、
倒木のリスクが高くなる。
子実体(きのこ)はサルノコシカケ型で一年生。
一度感染したら防除法はないため、
支柱で倒木しないように養生する。

 

〇利用、豆知識

成長が早く剪定しなくても樹形が整うため
街路樹や公園、工場緑化などに用いられる。

大きくなるので植える場所は選定が必要。

材は黄褐色または紅褐色で木目が美しい。
重硬で狂いも少ないため、建築、家具、細工など
いろいろな材に用いられる。

漆器としても賞用される。

山形県の`東根の大ゲヤキ’は推定樹齢1500年以上で
幹回りが16mもあり、特別天然記念物に指定されている。

 

コメント