ムクノキの特徴と育て方

植物図鑑

ムクノキ( Aphananth aspera )

〇科名:ニレ科

〇和名由来:老木になると樹皮がはがれることから「剥(む)くの木」。諸説あり。

〇学名由来:「Aphananthe」=目立たない花 の意。
「aspera」=ざらざらした の意。

〇別名:ムク、ムクエノキ、

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:関東以西の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは4~12㎝で卵形または狭卵形。
縁は鋭い鋸歯があり、葉先は細く鋭く尖る。
葉の表面は濃緑色でざらざらしており、裏は緑色。

〇花の特徴
春、新葉と同時に淡緑色の小花を咲かす。

〇実、種子の特徴
秋に黒色に熟す。甘未があり食べられる。

〇幹、枝の特徴
白っぽい色で平滑で縦筋が入る。
老木では縦に裂けて剥がれる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
耐潮性があり、海岸近くでも耐えることがある。
浅根性のため、上根を傷つけると弱りやすい。

 

〇病虫害
・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、
葉が縮れたり波打ったりする。
罹病すると成長が抑制される。
葉の裏に発生する場合もある。
発生が確認されたら病葉は焼却処分する。
また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を
1~2週間おきに散布する。

・こふきたけ病
腐朽菌の一種。根から侵入し、幹にも発生することがある。
病原菌は白色腐朽を起こす。
子実体は多年生で、大きなものだと30㎝を超すものもある。
根や幹に傷ができると罹病リスクが上がる。
発病後は倒木のおそれがあるため支柱などを施す。

 

〇利用、豆知識

成長が早く剪定しなくても樹形が整うため
街路樹や公園、工場緑化などに用いられる。

大きくなるので植える場所は選定が必要。

材は硬く、建築材やバット、薪炭などに使われる。

葉は木地やべっこうの研磨剤として用いられる。

果実は甘未があり、食用される。

コメント