トチノキの特徴と育て方

植物図鑑

トチノキ( Aesculus turbinata)

〇科名:トチノキ科

〇和名由来:十ノ木(実が多くつく様から)の転。諸説あり。

〇学名由来:「Aesculus」=食べる の意。実が食べられることから。
「turbiata」=倒円錐形の の意。果実の形から。

〇別名:トジ、ホントチ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道~九州の山地

 

〇葉の特徴
葉は15~40㎝の小葉は倒卵状長楕円形。
縁には鈍い重鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色。裏は灰緑色で赤褐色の軟毛がある。

〇花の特徴
5~6月に新枝の基部から白色~紅色の円錐花序を付ける。

〇実、種子の特徴
果実はいがの中に堅果が2~3個熟す。
クリによく似ている。

〇幹、枝の特徴
若い木は灰白色で浅く縦に裂ける。
網目状に裂けることもある。
老木になると色が濃くなり樹皮が大きく剥げる。
コルク層の発達し、指で押すと少し凹む。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長は早く、大きくなる。
自然系が美しいので剪定は透かすようにする。
日焼けに弱いため、強剪定時は注意が必要。

〇病虫害

・トチノキヒメヨコバイ
成虫は体長3.5㎜程度。羽化直後の幼虫は0.5㎜位。
年に2~3発生し、成虫の状態で越冬する。
幼虫の発生は7月下旬と8~9月にみられる。
本種の吸汁被害により葉が異常変色し、晩夏に落葉する。
防除は登録農薬を散布する。

 

〇利用、豆知識
大きな葉、花、実の存在感が特別で
庭木から街路樹、公園樹など幅広く用いられる。

セイヨウトチノキ(マロニエ)やインドトチノキなど
海外のトチノキも日本に多く植栽されている。

種子はサポニンやアロインなどが含まれるため苦い。
しっかり灰汁抜きすると多量のデンプンが取れ、トチ餅の原料となる。

材は耐久力が弱いが木目が美しく加工が容易のため、
彫刻材や器具材、家具材などに使われる。

栃木県の県木。

 

コメント