シラカンバの特徴と育て方

植物図鑑

シラカンバ( Betula platyphylla var. japonica)

〇科名:カバノキ科

〇和名由来:樹皮が白いカンバの意。

〇学名由来:「Betula」=ラテン古名でケルト語のカバノキbetuに由来。
「platyphylla」=広葉の の意。

〇別名:シラカバ、カンバ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道~本州中部以北の高原や山地

 

〇葉の特徴
葉は5~8㎝で三角状広卵形。
縁には重鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色。裏は淡緑色で腺点がある。
葉は長枝では互生し、短枝では対生する。

〇花の特徴
春に葉の展開より先に咲く。
雄花は黄褐色で尾状に花穂が垂れ下がり、
雌花も穂状だが紅緑色で頂生する。

〇実、種子の特徴
果穂は円柱形で下垂する。

〇幹、枝の特徴
若木は赤茶色の樹皮をしている。
後に真っ白になり、薄い紙上になって横に剥がれる。
黒いへの字型の枝痕が特徴。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
非常に成長が早く、最終的には樹高20mを超す樹種である。
自然系が美しいので剪定は透かすようにする。
萌芽力が弱いため、大枝の切除は樹形を損ねる原因となる。
カミキリムシの害に注意。
肥大成長が早いため、支柱の結束障害が起きやすい。
耐陰性は弱いため、なるべく日の当たるところに植えた方が良い。
排気ガスに弱い。

 

〇病虫害

・ゴマダラカミキリ
成虫の体長は25~35㎜。全体は黒色で光沢があり、不規則な白斑が散在する。
雌雄で触覚の長さが異なり、雄の触覚は体長の2倍近くある。
通常年1回発生で、2年に1回のときもある。被害部内で幼虫越冬する。
幼虫は4月に蛹化し、5月下旬以降に成虫となり新梢部を加害し始める。
雌成虫は樹幹部に産卵し、幼虫は樹皮化を穿孔加害する。
成長に従って材の中に侵入していき、木くずを排出する。
防除は成虫を捕殺するか、成虫発生期に登録農薬を樹幹散布する。

 

〇利用、豆知識
きれいな樹皮をしているので、
庭園や公園などによく使用される。

伐採跡地や裸地に優先して生えてくる
パイオニア樹種の一つ。

種子は秋に発芽する性質と翌年の春に発芽する性質を併せ持ち、
確実に更新するための発芽システムがある。

北海道などの生息数の多い土地では
花粉症の原因となることがある。

材は建築や民芸品、細工物に用いられる。
また、樹皮が付いた丸太を柱として使用する。

樹皮を剥がして曲物や屋根葺に用いる。

雨の中でもよく燃えるため、薪としても利用されている。

北米やロシアでは、樹液からお酒を造る。

花言葉は「意気地なし」。

コメント