ダケカンバの特徴と育て方

植物図鑑

ダケカンバ( Betula ermanii)

〇科名:カバノキ科

〇和名由来:岳(ダケ)に生えるカンバの意。

〇学名由来:「Betula」=ラテン古名でケルト語のカバノキbetuに由来。
「ermanii」=採集家エルマンの の意。

〇別名:ソウシカンバ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州、四国の高山や北海道以北

 

〇葉の特徴
葉は5~10㎝で三角状広卵形。
縁には不整の重鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色。裏は淡緑色で脈腋に毛がまとまる。
葉は長枝では互生し、短枝では対生する。

〇花の特徴
5月頃に咲く。
雄花は黄褐色で尾状に花穂が垂れ下がり、
雌花は穂状で頂生する。

〇実、種子の特徴
果穂は円柱形で下垂する。

〇幹、枝の特徴
若木は赤茶色の樹皮をしている。
肌色~橙色を帯びた樹皮が特徴的。
白っぽくなり、シラカンバに似ることもある。
老木では樹皮が荒々しく剥がれる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長が早く、最終的には樹高20mを超す。
自然系が美しいので剪定は透かすようにする。
肥大成長が早いため、支柱の結束障害が起きやすい。

 

〇病虫害

・ゴマダラカミキリ
成虫の体長は25~35㎜。全体は黒色で光沢があり、不規則な白斑が散在する。
雌雄で触覚の長さが異なり、雄の触覚は体長の2倍近くある。
通常年1回発生で、2年に1回のときもある。被害部内で幼虫越冬する。
幼虫は4月に蛹化し、5月下旬以降に成虫となり新梢部を加害し始める。
雌成虫は樹幹部に産卵し、幼虫は樹皮化を穿孔加害する。
成長に従って材の中に侵入していき、木くずを排出する。
防除は成虫を捕殺するか、成虫発生期に登録農薬を樹幹散布する。

 

〇利用、豆知識

伐採跡地や裸地に優先して生えてくる
パイオニア樹種の一つ。

樹皮は紙状に剥がれ、よく燃えるため
着火剤として利用される。

材は家具材や合板に用いられる。

コメント