エゴノキの特徴と育て方

植物図鑑

エゴノキ( Styrax japonica)

〇科名:エゴノキ科

〇和名由来:実が有毒なため、果皮がえごい(えぐい)ことから。

〇学名由来:「Styrax」=安息香「storax」を産出する樹木の古代ギリシャ名。
「japonica」=日本の の意。

〇別名:セッケンノキ、チシャノキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の山地。

 

〇葉の特徴
葉は4~8㎝で長楕円形。
縁には低い鈍鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は緑色で裏は淡緑色。
若い葉は星状毛がある。

〇花の特徴
5~6月頃、白い花冠の総状花序をつける。

〇実、種子の特徴
実は卵形で堅い。

〇幹、枝の特徴
黒っぽい色が特徴的で、縦に浅い裂け目が入る。
成木になるにつれて細かな凹凸が出てくる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
枝が広がるので広いところに植えるようにする。
自然形がきれいなので透かすように剪定する。
アレロパシー物質が確認されており、雑草が生えにい。
大気汚染物質の吸着効果が高い。

 

〇病虫害

・ゴマダラカミキリ
成虫の体長は25~35㎜。全体は黒色で光沢があり、不規則な白斑が散在する。
雌雄で触覚の長さが異なり、雄の触覚は体長の2倍近くある。
通常年1回発生で、2年に1回のときもある。被害部内で幼虫越冬する。
幼虫は4月に蛹化し、5月下旬以降に成虫となり新梢部を加害し始める。
雌成虫は樹幹部に産卵し、幼虫は樹皮化を穿孔加害する。
成長に従って材の中に侵入していき、木くずを排出する。
防除は成虫を捕殺するか、成虫発生期に登録農薬を樹幹散布する。

 

〇利用、豆知識

雑木の庭に合う樹木。近年とても人気の庭木。
花数が多く、シンボルツリーになる。

材は黄白色で緻密で粘り気が強い。
将棋の駒や櫛などに使われる。

果皮にはエゴサポニンを含み、
新鮮な果皮は洗濯に用いる。

コメント