ニシキギの特徴と育て方

植物図鑑

ニシキギ( Euonymus alatus )

〇科名:ニシキギ科

〇和名由来:秋の紅葉を錦に例えて。

〇学名由来:「Euonymus」=「eu(良い)」+「onoma(名)」で良い評判という意味。
「alatus」=翼のある の意。

〇別名:ヤハズニシキギ、ソメキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の山野

 

〇葉の特徴
葉は2~7㎝の倒卵形または広倒被針形。
縁は細かい鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
秋には鮮やかに紅葉する。

〇花の特徴
5~6月頃、葉腋に淡黄緑色の小さな4弁花を付ける。

〇実、種子の特徴
10月頃、楕円形で朱色の実を付ける。

〇幹、枝の特徴
枝は翼が目立つ。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、整枝剪定は透かすように行う。
刈込にも耐える。

〇病虫害
・ミノウスバ
成虫は開張30㎜程度。全体黒褐色で翅は半透明。
幼虫の体長は20㎜程度。全体が淡黄色で数本の黒い線が入る。
年一回発生で小枝に卵塊で越冬する。
羽化幼虫は3月下旬には発生する。
5月頃に葉を綴って繭を作り、10月頃に羽化する。
春先にマサキなどで大量発生する。
防除は幼虫発生期に捕殺するか、登録農薬を散布する。

 

〇利用、豆知識

山地に自生する樹木。
紅葉が美しく、庭木や街路樹に使われる。

世界三大紅葉樹の一つ。

枝の翼を乾燥させたものを衛矛(えいぼう)とよび、
月経不順の漢方として用いられる。

果実を砕いて水と油で混ぜて練ったものを髪に塗り、
シラミの駆除に用いた。

樹皮は紙の原料となる。

材は櫛や木釘、彫刻材などに使われる。

東北では男性が女性に求婚する際、
女性の家の前にニシキギの枝を置く風習があった。
承諾すればこの枝を取り入れ、
拒否すれば男性は3年間毎日置き続けたという。
これを「千束」といい、和歌の中でも歌われている。

コメント