ツリバナの特徴と育て方

ツリバナ( Euonymus oxyphyllus)

〇科名:ニシキギ科

〇和名由来:長い花柄の先に花を付ける様から

〇学名由来:「Euonymus」=「eu(良い)」+「onoma(名)」で良い評判という意味。
「oxyphyllus」=鋭形葉の の意。

〇別名:ツリバナマユミ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の湿った丘陵

 

〇葉の特徴
葉は3~10㎝の卵形または倒卵形。
縁は波状の細かい鋸歯があり、葉先は長く尖る。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色。
葉は対生。

〇花の特徴
5~6月に葉腋から白色、または淡紫色の
花柄の長い小さな5弁花を付ける。

〇実、種子の特徴
10月頃、淡紅色の実を付ける。
熟すと5つに開裂し、赤い仮種皮に包まれた種子が出てくる。

〇幹、枝の特徴
樹皮は灰色~灰褐色で平滑。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、整枝剪定は透かすように行う。
樹体は株立ち状になる。
剪定は冬場に行うと良い。樹形は乱れにくい。
短枝に花が付くので、長枝を剪定する。

 

〇病虫害
・ミノウスバ
成虫は開張30㎜程度。全体黒褐色で翅は半透明。
幼虫の体長は20㎜程度。全体が淡黄色で数本の黒い線が入る。
年一回発生で小枝に卵塊で越冬する。
羽化幼虫は3月下旬には発生する。
5月頃に葉を綴って繭を作り、10月頃に羽化する。
春先にマサキなどで大量発生する。
防除は幼虫発生期に捕殺するか、登録農薬を散布する。

 

〇利用、豆知識

秋の紅葉と熟した果実が美しく、庭木に使われる。

材は細工用に用いられる。

果実はアタマジラミの駆除に用いた。

コメント