マサキの特徴と育て方

植物図鑑

マサキ( Euonymus japonicus)

〇科名:ニシキギ科

〇和名由来:真青木(マサオキ)の転。諸説あり。

〇学名由来:「Euonymus」=「eu(良い)」+「onoma(名)」で良い評判という意味。
「japonicum」=日本の の意。

〇別名:アオノキ、ウシコロシ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の海岸近く

 

〇葉の特徴
葉は3~7㎝の楕円形または倒卵形。
縁は低い鋸歯があり、葉先は鈍く尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。
葉は基本対生だが、時に互生。

〇花の特徴
6月頃に葉腋から集散花序をつけ、
淡緑色の4弁花が咲く。

〇実、種子の特徴
10月頃、紅色に熟し、4つに開裂し、橙色の仮種皮に包まれた種子が出てくる。

〇幹、枝の特徴
樹皮は灰白褐色で縦に筋が入る。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
梅雨時期に刈込剪定を行う。
海岸沿いでも耐える。

 

〇病虫害
・ミノウスバ
成虫は開張30㎜程度。全体黒褐色で翅は半透明。
幼虫の体長は20㎜程度。全体が淡黄色で数本の黒い線が入る。
年一回発生で小枝に卵塊で越冬する。
羽化幼虫は3月下旬には発生する。
5月頃に葉を綴って繭を作り、10月頃に羽化する。
春先にマサキなどで大量発生する。
防除は幼虫発生期に捕殺するか、登録農薬を散布する。

 

〇利用、豆知識

生垣として庭木に使われる。

園芸品種に富む。
・キンマサキ…葉に黄色の中斑が入る。
・ギンマサキ…葉に縁に白色の斑が入る。
・オオサカベッコウ(ベッコウマサキ)…葉の縁にクリーム色の斑が入る。
・オウゴンマサキ…全体の葉、特に新梢の枝葉が鮮やかな黄色になる。

材はろくろ細工や彫刻材に用いられる。

果実はアタマジラミの駆除に用いた。

コメント