サカキの特徴と育て方

植物図鑑

サカキ( Cleyera japonica)

〇科名:ツバキ科

〇和名由来:常緑のため「栄木(さかえぎ)」から。諸説あり。

〇学名由来:「Cleyera」=オランダの薬草研究科A・クレーヤーにちなむ。
「japonica」=日本の の意。

〇別名:アデ、オヤママサキ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄同株

〇分布:関東南部以西~九州の山林

 

〇葉の特徴
葉は6~10㎝の卵上長楕円形。
縁は全縁で葉先は鈍頭または円頭。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。
葉は互生。

〇花の特徴
6~7月頃に葉腋から1~3個の白色の小さな花を付ける。
花弁は5枚で少しだけ黄色みを帯びる。

〇実、種子の特徴
10月頃、黒紫色に熟す。

〇幹、枝の特徴
樹皮は赤褐色で平滑。皮目が目立つ。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
梅雨時期に刈込剪定を行う。
海岸沿いでも耐える。

 

〇病虫害
・ヒサカキコナジラミ
全体黒褐色で年2~3回発生する。
5月頃から発生、加害してすす病を併発する。
有効な防除方法はなく、なるべく剪定で風通しを良くする。

 

〇利用、豆知識

生垣や景観木として和風の庭木に使われる。

枝、葉は神事に用いられる。

材は緻密で堅く、建築材や器具材、細工物に使われる。

熟した果実は赤紫色の染料になる。

神聖な木とされていたため、切ると災いが起こると信じられていた。

位負けするので、民家に植えるのは良くないとされる。
また、舟材に使うことも忌み嫌われる。

布団の下に敷いて寝ると吉夢が見られるという言い伝えがある。

道中、サカキの枝を持つことで魔除けとした。

コメント