ハマヒサカキの特徴と育て方

植物図鑑

ハマヒサカキ( Eurya emaginata )

〇科名:ツバキ科

〇和名由来:海岸沿いのヒサカキ

〇学名由来:「Eurya」=広い、大きな の意。

〇別名:マメヒサカキ、イリヒサカキ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄異株

〇分布:千葉以西~沖縄

 

〇葉の特徴
葉は2~4㎝の長倒卵形。
縁は浅い鋸歯があり、葉先は凹む。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。
葉は互生。

〇花の特徴
3~4月頃に葉腋から白色の小さな花を付ける。
花からは異臭がする。

〇実、種子の特徴
10~11月頃、黒紫色に熟す。

〇幹、枝の特徴
樹皮は橙色~褐色で平滑。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
梅雨時期に刈込剪定を行う。
潮風や大気汚染に強い。

 

〇病虫害
・ヒサカキコナジラミ
全体黒褐色で年2~3回発生する。
5月頃から発生、加害してすす病を併発する。
有効な防除方法はなく、なるべく剪定で風通しを良くする。

 

〇利用、豆知識

生垣や低木として和風の庭木や海岸沿いの庭に使われる。
環境や土壌を選ばないため、公園や街路樹にもよく使用される。

刈込剪定にも耐え、病虫害も少ないので管理がとても楽な樹種。

花の匂いは特徴的で、ガス臭と表現されることが多い。

コメント