アブラチャンの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アブラチャン( Lindera praecox)

アブラチャンの特徴

アブラチャンの科名・属名

クスノキ科クロモジ属

 

アブラチャンの和名由来

チャンとは瀝青のことで、種子から油が取れ良く燃えることから。

 

アブラチャンの学名由来

「Lindera」=スェーデンの植物学者J・リンデルにちなむ。
「praecox」=早熟の、早咲きの の意。

アブラチャンの別名

ムラダチ

 

アブラチャンのその他分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

アブラチャンの分布

本州~九州の山地

 

アブラチャンの葉の特徴

葉は4~9㎝の卵上楕円形で互生。
縁は全縁で葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は灰緑色。

 

花の特徴

早春、淡黄色の小花を付ける。

 

アブラチャンの実、種子の特徴

10月頃、黄色味を帯びた果実が熟し、不規則に裂けて種子が出てくる。

 

アブラチャンの幹、枝の特徴

樹皮は灰色で平滑な面に独特な皮目が目立つ。

 

 

アブラチャンの育て方

アブラチャンの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アブラチャンの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アブラチャンの管理方法

自然形がきれいなので透かし剪定を行うようにする。
風通しが悪いとカイガラムシが発生するので、
定期的に剪定した方が良い。

 

アブラチャンの病虫害

・クロモジシロカイガラムシ
雌の虫体は2㎜程度で初めは黄色、後に橙褐色になる。
年に数回発生し、枝、幹、葉に寄生する。
剪定をし、なるべく風通しを良くすると発生を抑えられる。
発生が確認されたら被害部を切除する。
または登録農薬を幼虫発生期に散布する。

 

アブラチャンの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。

種子や樹皮から油を採り、燃料とする。
樟脳のような香りがするため、昔は髪の油にも用いた。

材は緻密でやや堅く、器具材とされる。

乾燥して種子を吹き出す前の果実を「吹き玉」と呼び、
昔は子供がホオズキの代用とした。

コメント