ハイノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ハイノキ( Symplocos myrtacea)

ハイノキの特徴

ハイノキの科名・属名

ハイノキ科ハイノキ属

 

ハイノキの和名由来

枝葉を焼き、灰から灰汁を取ったため。

 

ハイノキの学名由来

「Symplocos」=結合した の意。雄しべの基部が結合しているため。
「myltacea」=Myltus(ギンバイカ)属に似た の意。

 

ハイノキの別名

イノコシバ、シロボー

 

ハイノキのその他分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ハイノキの分布

近畿以西~九州の山地

 

ハイノキの葉の特徴

葉は4~7㎝の狭卵形または卵形。
葉の付き方は互生。
縁は低い鈍鋸歯があり、葉先は長く尾状に尖る。
葉の表は濃緑色、裏は緑色。

 

ハイノキの花の特徴

春、葉腋に白色で5裂した花弁の総状花序を付ける。
花はギンバイカに似る。

 

ハイノキの実、種子の特徴

秋頃に黒紫色に熟す。

 

ハイノキの幹、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で平滑。

 

ハイノキの育て方

ハイノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ハイノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ハイノキの管理方法

自然形がきれいなので透かし剪定を行うようにする。
病虫害は少なく、成長が遅い。
風通しが悪いとカイガラムシやアブラムシが発生するので、
定期的に剪定した方が良い。
荒地でも育つ強健な樹種だが、浅根性のため乾燥に弱い。

 

ハイノキの病虫害

・特になし

 

ハイノキの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。
最近人気が出てきた樹種。成長も遅くて育てやすい。

枝葉は燃やして灰汁を取り、染色の媒染として用いた。

材は細工物、器具材に用いる。

コメント