サンゴジュの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

サンゴジュ( Viburnum odoratissimum)

サンゴジュの特徴

サンゴジュの科名・属名

スイカズラ科ガマズミ属

 

サンゴジュの和名由来

赤熟した果実を珊瑚に見立てたことが由来。

 

サンゴジュの学名由来

「Viburnum」=由来不明のラテン古名。

 

サンゴジュの別名

キサンゴ(木珊瑚)、イヌタラヨウ

 

サンゴジュの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

サンゴジュの分布

山口県、四国、九州の山地や海岸

 

サンゴジュの葉の特徴

葉は8~20㎝の楕円形または長楕円形。
葉の付き方は対生。
縁は先端近くで浅い鋸歯が出ることがある。
葉先は葉によって鋭く尖るものと円頭のものがある。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は暗淡緑色で葉脈に毛がある。

 

サンゴジュの花の特徴

初夏に白色ないし淡紫色の小さな花が円錐花序状に付く。

 

サンゴジュの実、種子の特徴

晩夏の頃から赤い楕円形の果実が熟す。

 

サンゴジュの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で皮目が多く、ざらつく。

 

サンゴジュの育て方

サンゴジュの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

サンゴジュの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

サンゴジュの管理方法

一本で植える場合は自然形がきれいなので
透かし剪定を行うようにする。
生垣の場合は刈込剪定が一般的。
刈込剪定を行う場合は、定期的に透かし剪定も行った方が良い。
成長が早いので、年に2回以上剪定すると樹形が整う。
耐潮性があり、海岸近くでも耐える。
耐寒性が低いため、寒い地域は適さない。

 

サンゴジュの病虫害

・サンゴジュハムシ
成虫は開張6~7㎜程度。
全体淡褐色で頭部背面に1個、胸部背面に3個の黒い斑点がある。
老熟幼虫は体長10㎜位で、全体が黄色ないし黄褐色となり、各節に黒い紋様がある。
年一回発生で卵越冬する。3~4月に孵化して新葉を食害する。
5月頃には土中で蛹になり、6月頃に成虫になる。
成虫も葉を加害し、10月頃には枝の中に卵を産む。
登録農薬を散布して防除する。

 

サンゴジュの豆知識

和風の庭によく植えられる樹木。

材は水分を多く含むため、防火樹としても使われる。

耐潮性もあり、海岸沿いでも植えられる樹木。

材は木目が細かいのでろくろ細工に使われる。

コメント