ガマズミの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ガマズミ( Viburnum dilatatum)

ガマズミの特徴

ガマズミの科名・属名

スイカズラ科ガマズミ属

 

ガマズミの和名由来

由来不明。神ツ実(カミツミ)の転など諸説あり。

 

ガマズミの学名由来

「Viburnum」=由来不明のラテン古名。

 

ガマズミの別名

ソゾミ、ヨツズミ

 

ガマズミの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ガマズミの分布

北海道南部以南の山野

 

ガマズミの葉の特徴

葉は6~15㎝の広卵形または円形。
葉の付き方は対生。
縁は粗い鋸歯があり、葉先は尖るが円頭の時もある。
葉の表は濃緑色で脈上に毛があり、
裏は淡緑色で腺点が密生し、星状毛や短毛がある。

 

ガマズミの花の特徴

5月頃、新梢に半球状の花序を付ける。
花冠が深く5裂する白色の小さな花が咲く。
花には独特の匂いがする。

 

ガマズミの実、種子の特徴

秋に赤い楕円形の果実が熟す。

 

ガマズミの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色でざらつく。

 

ガマズミの育て方

ガマズミの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ガマズミの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ガマズミの管理方法

自然形がきれいなので透かし剪定を行うようにする。
耐潮性があり、海岸近くでも耐える。
成長は遅い。

 

ガマズミの病虫害

・褐斑病
葉に褐色で不整多角形、中央部が灰褐色の病斑が生じる。
病斑の裏面にはすす状のカビで覆われる。
病葉は早期落葉する。
病葉は発見し次第処分し、落葉も集めて焼却処分する。

 

ガマズミの豆知識

和風の庭や雑木の庭に植えられる樹木。
新緑と共に花が咲き、秋には赤い実を付けるため、
季節感が楽しめる樹木。

赤熟した果実は甘酸っぱく、食用になる。
果実酒の原料にも用いられる。

材は堅く丈夫で鎌などの農具の柄として使われる。

枝は柔軟性があり、薪を縛るのに用いた。

 

コメント