クチナシの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

クチナシ( Gardenia jasuminoides)

クチナシの特徴

クチナシの科名・属名

アカネ科クチナシ属

 

クチナシの和名由来

「口無し」の意。果実が熟しても裂けないことから。諸説あり。

 

クチナシの学名由来

「Gardenia」=アメリカの植物学者A・ガーデンから。
「jasuminoides」=ジャスミンに似た香り の意。

 

クチナシの別名

センプク

 

クチナシのその他分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

クチナシの分布

本州中部以南

 

クチナシの葉の特徴

葉は5~12㎝の長楕円形または倒披針形。
葉の付き方は対生。
縁は全縁で波打ち、葉先は急に鋭く尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡黄緑色。

 

クチナシの花の特徴

初夏、白色の花弁が風車状に6枚付く。
花には芳香がある。

 

クチナシの実、種子の特徴

倒卵形の果実は黄熟し、先端に6本の角が残る。

 

クチナシの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色で平滑。

 

 

クチナシの育て方

クチナシの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

クチナシの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

クチナシの管理方法

自然樹形にする場合は枝抜き剪定をする。
成長が早いが、刈込剪定にも耐える。
6~7月の花後、8月頃には翌年の花芽を付けるため、
剪定は花が終わり次第すぐ行うようにする。
移植を極端に嫌う。

 

クチナシの病虫害

・オオスカシバ
成虫の体長は50~70㎜程度。全体が黄褐色で翅は透明。
幼虫は65㎜程度で黄緑色の個体と褐色の個体がいる。
幼虫の尾端には8㎜位の角がある。
年に2~3回発生で土中で蛹越冬する。
第1回成虫は5~6月、第2回は7月頃、第3回は8~9月頃発生する。
幼虫は葉を食害し、丸坊主にすることがある。
幼虫発生時に登録農薬を散布して防除する。
幼虫は発見しづらいので、地面の糞を確認すると

 

クチナシの豆知識

和風の庭によく使われる樹木。

花は二杯酢に漬けて食用とする。

中国では花を茶の香りづけに使う。

漢方ではクチナシの実を乾燥させたものを「山梔子(さんしし)」と呼び、
利尿や解熱に用いる。民間では消炎や鎮静剤として利用する。

実は黄色の染色として使われ、布の染料とするほか、
きんとんや餅、沢庵、ラーメンなどの着色に使われる。

クチナシで染めた色から、少し赤みがかった黄色を山梔子色(くちなしいろ)という。

コメント