アオダモの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アオダモ( Fraxinus lanuginosa)

アオダモの特徴

アオダモの科名・属名

モクセイ科トネリコ属

 

アオダモの和名由来

雨上がりに樹皮が青くなることから。
「ダモ」はトネリコのこと。

 

アオダモの学名由来

「Fraxinus」=西洋トネリコのラテン古名。

 

アオダモの別名

コバノトネリコ

 

アオダモの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

アオダモの分布

北海道から九州の山野

 

アオダモの葉の特徴

葉は奇数羽状複葉で10~15㎝。小葉は5~7枚で長さ4~10㎝。
小葉の縁は鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は緑色。裏は淡緑色で脈上に毛がわずかにある。

 

アオダモの花の特徴

春、枝先に白に近いクリーム色の花を付ける。
花弁は細く密集して咲くため、フワフワした見た目になる。

 

アオダモの実、種子の特徴

最初は赤くなり、熟すと茶褐色になる3~4㎝の翼果が付く。

 

アオダモの樹皮、枝の特徴

灰色~灰白色の平滑な樹皮をしている。
若木のときから地衣類が付着し、白い斑模様となる。
皮目が縦に連なり、筋状になることがある。

 

 

アオダモの育て方

アオダモの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アオダモの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アオダモの管理方法

自然樹形がきれいなので、透かし剪定をする。
頭の枝を中途半端に切ると枝が多く生えてきて重くなり、
枝折れや樹形を損ねる原因となる。

 

アオダモの病虫害

・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、
葉が縮れたり波打ったりする。
罹病すると成長が抑制される。
葉の裏に発生する場合もある。
発生が確認されたら病葉は焼却処分する。
また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を
1~2週間おきに散布する。

 

・褐斑病
葉に褐色で不整多角形、中央部が灰褐色の病斑が生じる。
病斑の裏面にはすす状のカビで覆われる。
病葉は早期落葉する。
病葉は発見し次第処分し、落葉も集めて焼却処分する。

 

 

アオダモの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。
病虫害も少なく、育てやすい。

材は粘りがあり、野球バットの材などに用いられる。

 

コメント