ツノハシバミの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ツノハシバミ( Corylus sieboldiana )

ツノハシバミの特徴

ツノハシバミの科名・属名

カバノキ科ハシバミ属

 

ツノハシバミの和名由来

角のあるハシバミの意。
果実の総苞の先が嘴状に尖るため。

 

ツノハシバミの学名由来

「Corylus」=ラテン語でヘルメットの意。
「sieboldiana」=シーボルトの の意。

 

ツノハシバミの別名

特になし

 

ツノハシバミの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ツノハシバミの分布

北海道~九州の日当たりの良い山地の林縁

 

ツノハシバミの葉の特徴

葉は5~11㎝で広倒卵形。互生する。
葉の縁は不整の重鋸歯があり、葉先は急に尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は淡緑色。

 

ツノハシバミの花の特徴

3~5月に開花する。花は穂状で垂れ下がる。

 

ツノハシバミの実、種子の特徴

果実はどんぐり状で、食用となる。

 

ツノハシバミの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で平滑だが皮目が目立つ。

 

 

ツノハシバミの育て方

ツノハシバミの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ツノハシバミの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ツノハシバミの管理方法

自然樹形がきれいなので、透かし剪定をすると良い。
剪定は花後直ぐに行う。

 

ツノハシバミの病虫害

・黒斑病
秋に黄色の斑点が生じ、次第に拡大、黒色化していく病気。
健全部と病斑の境目は黄色になる。
伝染経路などは未だ分かっていない。
拡大を防ぐためには、罹病葉や落葉を焼却処分する。

・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、
葉が縮れたり波打ったりする。
罹病すると成長が抑制される。
葉の裏に発生する場合もある。
発生が確認されたら病葉は焼却処分する。
また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を
1~2週間おきに散布する。

 

 

ツノハシバミの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。
花は野性的で、秋にはドングリのような可愛らしい実が付く。

実は食用となる。
セイヨウハシバミはヘーゼルナッツと呼ばれる。

コメント