マンサクの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

マンサク( Hamamelis japonica )

マンサクの特徴

マンサクの科名・属名

マンサク科マンサク属

 

マンサクの和名由来

豊年万作の意で、枝いっぱいに花を付けることから。
また、春に真っ先に花が咲くことから。諸説あり。

 

マンサクの学名由来

「Hamamelis」=セイヨウサンザシ、またはセイヨウサンザシに似た植物のラテン古名。
「japonica」=日本の の意。

 

マンサクの別名

マンチャク、シシハライ、ネソノキ

 

マンサクの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

マンサクの分布

本州~九州の山地

 

マンサクの葉の特徴

葉は5~11㎝で菱形状円形。互生する。
葉の縁は波状の粗い鋸歯があり、葉先は三角状に短く尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は淡緑色。

 

マンサクの花の特徴

3月に開花する。花は黄色または赤黄色の4弁花が咲く。

 

マンサクの実、種子の特徴

果実は卵状球形で、熟すと2裂して黒い種子が出てくる。

 

マンサクの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で平滑だが皮目が目立つ。

 

 

マンサクの育て方

マンサクの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

マンサクの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

マンサクの管理方法

自然樹形がきれいなので、透かし剪定をすると良い。
剪定は花後直ぐに行うようにする。

 

マンサクの病虫害

・褐斑病
葉に褐色で葉脈で区切られた病斑を形成する。
病斑の裏面は分生子で覆われる。
病葉は早期落葉する。
病葉は発見し次第処分し、落葉も集めて焼却処分する。

 

 

マンサクの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。

葉はタンニンを含み止血剤になるため、
内臓出血や痔に用いられる。

樹皮は蛇篭などを作るのに用いられる。

春の花は稲作を占う予兆とされ、
「花が上向きに咲いたら豊作」、「花数が少ない年は凶作」とされた。

 

コメント