ムクゲの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ムクゲ( Hibiscus syriacus )

ムクゲの特徴

ムクゲの科名・属名

アオイ科フヨウ属

 

ムクゲの和名由来

漢名「木槿」の音読みの転。諸説あり。

 

ムクゲの学名由来

「Hibiscus」=ゼニアオイ属の古代ギリシャ、ラテン名。
「syriacus」=シリアの の意。

 

ムクゲの別名

モクゲ、ハチス

 

ムクゲの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ムクゲの分布

中国原産とされている。

 

ムクゲの葉の特徴

葉は長さは4~10㎝。卵形または広卵形で互生する。
葉の縁は欠刻状の粗い鋸歯があり、浅く三裂する。
葉の先は尖り、基部から3本の主脈が出る。
葉の表は濃緑色で、裏は淡緑色。両面にまばらに毛が生えている。
葉柄には星状毛や短毛が密生する。

 

ムクゲの花の特徴

夏から秋にかけて、径6~10㎝程度の五弁花が咲く。
花色は白、淡紅色、淡紫色など様々で、品種に富む。

 

ムクゲの実、種子の特徴

果実は卵円形で、熟すと五裂する。

 

ムクゲの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色~灰色で平滑だが皮目が目立つ。
成熟すると縦筋の模様が入ってくることがある。

 

 

ムクゲの育て方

ムクゲの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ムクゲの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ムクゲの管理方法

剪定は落葉後、枝を切り戻すと大きくならずに管理できる。
夏前に当年枝を剪定すると花芽を落としてしまうので注意が必要。
日当たりのよい場所を好むので、日陰の植栽は避けるようにする。

 

ムクゲの病虫害

・褐斑病
初夏の頃、葉に淡褐色~暗褐色の病斑を形成する。
病斑はやがて6~10㎜位の大きさになり、灰褐色に変わる。
病葉は早期落葉する。
病葉は発見し次第処分し、落葉も集めて焼却処分する。

 

ムクゲの豆知識

雑木、和風、洋風問わず、どのテイストの庭にもよく合う樹木。

原産は中国で、平安時代以前に渡来したとされる。

韓国の国花。韓国の異称を槿域という。

花は茶花としてよく使われる。

漢方では乾燥させた白色花の蕾を木槿花(もくきんか)と呼び、
煎じて胃腸カタルや下痢止めに使う。

樹皮は木槿皮といい、水虫に用いる。

槿の樹皮は繊維が多いため、製紙の補助原料として用いられる。

 

コメント