ロウバイの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ロウバイ( Chimonanthus praecox )

ロウバイの特徴

ロウバイの科名・属名

ロウバイ科ロウバイ属

 

ロウバイの和名由来

漢名「蠟梅」の音読み。

 

ロウバイの学名由来

「Chimonanthus」=「Chimon 冬」+「anthus 花」
「praecox」= 早期の、早熟の の意。

 

ロウバイの別名

カラウメ、トウウメ、ナンキンウメ

 

ロウバイの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ロウバイの分布

中国原産

 

ロウバイの葉の特徴

葉は長さ8~15㎝の卵形または卵状楕円形で対生する。
葉の先は尖り、縁は全縁。
葉の表は濃緑色でざらつき、裏は緑色。

 

ロウバイの花の特徴

1~2月に、黄色い花を下向きに付ける。
とても良い芳香がある。

 

ロウバイの実、種子の特徴

楕円形で黄色~朱色味を帯びた果実がなる。
熟した果実には黒い種子が5~20個入っている。
果実は毒があり食べられない。

 

ロウバイの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で横に長い皮目が目立つ。

 

ロウバイの育て方

ロウバイの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ロウバイの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ロウバイの管理方法

7月頃に花芽が分化するので、剪定時期は花後直ぐがベスト。
成長は遅いですが徒長枝が暴れるので、
樹形を崩す枝は元から抜き、花が終わった枝は
6芽位を残して詰めるようにする。

ロウバイの病虫害

・特になし

 

ロウバイの豆知識

雑木、和風の庭に合う樹木。

盆栽や花材としても利用される。

江戸時代初期に中国から渡来した。

中国ではウメ、スイセン、ツバキと合わせて
「雪中の四花」と並び称される。

花言葉は「枯淡」。

 

コメント