サワラの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

サワラ( Chamaecyparis pisifera )

サワラの特徴

サワラの科名・属名

ヒノキ科ヒノキ属

 

サワラの和名由来

ヒノキに比べて枝葉が爽らかな為。諸説あり。

 

サワラの学名由来

「Chamaecyparis」=「chamai 小さい」+「cyparissos イトスギ」。

「pisifera」=「エンドウをもつ」の意で、実の形状が由来。

 

サワラの別名

サワラギ、トガサワラ

 

サワラの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

サワラの分布

岩手県以南~九州までの山地

 

サワラの葉の特徴

葉は鱗片状で十字対生する。葉先は尖る。
葉の表は濃緑色。裏は白い気孔線がある。

 

サワラの花の特徴

雌雄同株だが、雌雄異花。
雌花は直径3~5ミリの球形。
雄花に比べてあまり目立たない。
雄花は楕円形で紫を帯びた褐色になり、枝先で大量に開花する。
花粉は雄花でつくられ、花粉症の原因になる。

 

サワラの実、種子の特徴

10㎜程度の毬果(きゅうか)が付き、秋に黄褐色に熟す。

 

サワラの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色で縦に裂ける。
その裂け幅はスギに似て、ヒノキより狭い傾向がある。
環境によって灰色になる。

 

サワラの育て方

サワラの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

サワラの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

サワラの管理方法

成長が早いので定期的な剪定が必要。
刈込剪定に耐える。
枝葉が密になると蒸れて枯れ始めるので、透かし剪定も必要。

 

サワラの病虫害

・黒粒葉枯病
葉、茎に発生する。茎に発生した場合は樹脂を分泌して、
患部より先の部分が枯死する。
葉の場合は患部が褐色ないし暗褐色になり、
やや突出した小さな黒粒が群生する。
風通しの悪いところや、乾燥地域でよく発生する。
罹病したら病葉や落葉を処分し、
肥料をあげる等の樹勢回復に努めると良い。

 

サワラの豆知識

和風の庭によく使われる樹木。
生垣に使われることもある。

枝葉の枝垂れるヒヨクヒバ(イトヒバ)や、
最近低木としてよく使われるフィリフェラオーレアは
サワラの品種。

材は柔らかいが耐湿性に優れ、
桶や曲げ物、障子やふすまの組子として利用される。

ヒノキ、ヒバ、コウヤマキ、クロベとと共に、
木曽五木として並び称される。

漢字の「椹(さわら)」は、ヒノキに甚だ似ているという意味からできた国字。

 

コメント