アスナロの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アスナロ( Thujopsis dolabrata )

アスナロの特徴

アスナロの科名・属名

ヒノキ科アスナロ属

 

アスナロの和名由来

阿須檜(アスヒ)の転、厚檜の転とも。諸説あり。
「明日ヒノキになろう」という説は俗説であり、正しくないとされている。

 

アスナロの学名由来

「thujopsis」=「thuja クロベ属」+「opsis 似た」の意。

「dolabrata」=斧状の の意。

 

アスナロの別名

アスワヒノキ、オニヒノキ

 

アスナロの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

アスナロの分布

北海道~九州の山地

 

アスナロの葉の特徴

葉は鱗片状で鈍頭。
葉の表は濃緑色。裏は白くて幅の広い気孔線がある。

 

アスナロの花の特徴

雌雄同株だが、雌雄異花。
雄花は長楕円形で、雌花は8~10個の厚い鱗片からなる。

 

アスナロの実、種子の特徴

丸い毬果(きゅうか)が付く。

 

アスナロの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色で縦に裂ける。
裂け幅はヒノキより狭く、滑らかになることがある。

 

アスナロの育て方

アスナロの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

アスナロの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アスナロの管理方法

成長が早いので定期的な剪定が必要。
枝葉が密になると蒸れて枯れ始めるので、透かし剪定も必要。

 

アスナロの病虫害

・黒粒葉枯病
罹病すると葉が褐変して、枯死する。
葉の裏にはやや突出した小さな黒粒が群生する。
罹病したら病葉や落葉を処分し、
肥料をあげる等の樹勢回復に努めると良い。

 

アスナロの豆知識

和風の庭に使われる樹木。

「明日ヒノキになろう」という和名由来(俗説)から、
縁起木として植えられることがある。
この俗説は平安時代にはすでに存在した。

日本原産の樹種とされるが、海外で化石が発見されている。

石川県の県木。

 

コメント