メタセコイヤの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

メタセコイヤ( Metasequoia glyptostroboides )

メタセコイヤの特徴

メタセコイヤの科名・属名

ヒノキ科メタセコイヤ属

 

メタセコイヤの和名由来

「メタ」=真似た、後のという意で、「セコイヤに似た樹木」が由来。

 

メタセコイヤの学名由来

「Metasequoia」=「meta」=真似たという意味で、「セコイヤに似た樹木」が由来。
「glyptostroboides」=スイショウ(glyptostrobos)に似ているため。

 

メタセコイヤの別名

アケボノスギ

 

メタセコイヤの分類

針葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

メタセコイヤの分布

現在の種は中国原産
日本でも化石で発見されている

 

メタセコイヤの葉の特徴

葉の長さは0.8~1.2㎝の扁平な線形で対生する。先は尖る。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色。
秋には茶色くなり、落葉する。

 

メタセコイヤの花の特徴

雄花、雌花共に、穂状に枝から垂れ下がる。

 

メタセコイヤの実、種子の特徴

秋には広楕円形で長さ2~3㎝程度の球果が付く。

 

メタセコイヤの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤みの強い褐色。
縦に細かく裂け、繊維状に剥がれる。
成木の根元は板根状になる。

 

メタセコイヤの育て方

メタセコイヤの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

メタセコイヤの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

メタセコイヤの管理方法

落葉性なので、冬場の葉がない時期に剪定をする。
成長は早く、萌芽が激しいので、定期的に剪定管理した方が良い。

 

メタセコイヤの病虫害

・チャミノガ
成虫は開張20~30㎜で全体黒褐色。
幼虫は15~25㎜、ミノ(蓑)の太さは25~40㎜で円筒形。
年一回発生で、中齢幼虫で越冬する。
4~6月頃に旺盛に摂食し、10月までは被害が続く。
成虫は6~7月に発生し、ミノの中で交尾する。
雑食性で、サクラ類、ツツジ類、カエデ類など、
いろいろな樹種で被害が報告されている。
発生が見られた場合は捕殺するか、登録農薬を散布する。

 

メタセコイヤの豆知識

公園木や広い道の街路樹に利用される樹木。

針葉樹で落葉する珍しい種類であり、一属一種。

1941年、日本の三木茂博士が化石を発見し、命名した。
当時は絶滅したとされていた。
その後、1943年に中国で見つかり、終戦後にアメリカが種子を持ち帰った。
1949年に、アメリカで育った苗が昭和天皇に献上され、
日本に渡来した経緯がある。

コメント