トドマツの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

トドマツ( Abies firma )

トドマツの特徴

トドマツの科名・属名

マツ科モミ属

 

トドマツの和名由来

アイヌ語totoropの略とされる。

 

トドマツの学名由来

「Abies」=ラテン語で針葉樹の一種を意味する。
「sachalinensis」=サハリンの の意。

 

トドマツの別名

トド、アカトド、アカトドマツ

 

トドマツの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

トドマツの分布

北海道、南千島、サハリンに分布

 

トドマツの葉の特徴

葉の長さは1.5~3㎝内外で、線形で互生する。
葉先は鈍形または円形。
表は青みを帯びた緑色。
裏は二本の粉白色をした気孔帯がある。

 

トドマツの花の特徴

雌雄同株で、黄色で房状の雄花が咲く。
雌花は赤紫色の尖った苞麟が目立つ花が咲く。

 

トドマツの実、種子の特徴

9~10月頃に円柱形の球果が熟す。

 

トドマツの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色で、樹齢が高くなるにつれ網目状に裂ける。

 

トドマツの育て方

トドマツの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

トドマツの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

トドマツの管理方法

耐寒性があり、日陰にも強い。病虫害も少ない。
成長強い日差しや西日には弱い。
暖地にも弱いので、植栽できるのは東北以北。
剪定に弱く、樹形が崩れやすいため
剪定をするときは弱剪定にとどめる。

 

トドマツの病虫害

・トドマツオオアブラムシ
無翅胎生̪雌虫の体調は3㎜程度で頭部は褐色、胸部と腹部は緑色を帯びた黒色。
有翅胎生雌虫の方が体が細い。
年5~6回発生で、針葉上で卵越冬する。
春から秋まで樹上に群生し、樹液を吸汁して宿主の成長を阻害する。
防除は、発生期に登録農薬を散布する。

 

トドマツの豆知識

北海道の林業主要樹種。

材は柔らかく、製紙やパルプ用材として用いられる。

 

コメント