ニオイヒバの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ニオイヒバ( Thuja occidentalis )

ニオイヒバの特徴

ニオイヒバの科名・属名

ヒノキ科クロベ属

 

ニオイヒバの和名由来

葉に香りのあるヒバの意。

 

ニオイヒバの学名由来

「thuja」=常緑で樹液を出す植物の古名。

 

ニオイヒバの別名

特になし

 

ニオイヒバの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ニオイヒバの分布

北米東部、カナダ原産

 

ニオイヒバの葉の特徴

葉は鱗片状で十字対生する。葉先は尖る。
葉の表は濃緑色。裏は青緑色。

 

ニオイヒバの花の特徴

雌雄同株だが、雌雄異花。
雄花も雌花も枝先に咲く。

 

ニオイヒバの実、種子の特徴

翼のある毬果(きゅうか)が付く。

 

ニオイヒバの樹皮、枝の特徴

樹皮は褐色~赤褐色で縦に細かく裂ける。

 

ニオイヒバの育て方

ニオイヒバの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ニオイヒバの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ニオイヒバの管理方法

成長が早いので定期的な剪定が必要。
刈込に耐える。
枝葉が密になると蒸れて枯れ始めるので、透かし剪定も必要。
日陰に耐えるが、枝が枯れることがあるので、
なるべく日向に植えるようにした方が良い。

 

ニオイヒバの病虫害

・オオミノガ
成虫の開張3~4㎝で全体黒褐色。
幼虫は2~3㎝で、雌は黒褐色、雄は淡褐色。
年一回発生で幼虫越冬する。
4~6月頃に摂食被害が顕著になり、10月頃に収束する。
被害が少ない時は捕殺し、多い時は登録農薬を散布する。

 

ニオイヒバの豆知識

洋風の庭によく使われる樹木。

グリーンコーンやヨーロッパゴールド、スマラグなど
多数の品種がある。

葉を揉むとパイナップルのような香りがする。

 

コメント