ビャクシンの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ビャクシン( Juniperus chinensis )

ビャクシンの特徴

ビャクシンの科名・属名

ヒノキ科ビャクシン属

 

ビャクシンの和名由来

柏子の音読みから。

 

ビャクシンの学名由来

「Juniperus」=ラテン古名。
「chinensis」=中国の の意。

 

ビャクシンの別名

イブキ、イブキビャクシン

 

ビャクシンの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

ビャクシンの分布

本州~九州の海岸沿い

 

ビャクシンの葉の特徴

葉は鱗片状で十字対生する。
葉は緑色でカイズカイブキよりも色が薄い。
強く剪定すると針葉が出てくることがある。

 

ビャクシンの花の特徴

雌雄異株。4月頃、枝先に咲く。

 

ビャクシンの実、種子の特徴

コノテガシワの実に似た、角のある球状の実が付く。

 

ビャクシンの樹皮、枝の特徴

樹皮は褐色~赤褐色で縦に細かく裂け、捻じれる。

 

ビャクシンの育て方

ビャクシンの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ビャクシンの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ビャクシンの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでも耐える。
大気汚染にも強く、痩せ地でも育つ強健な樹種。
成長が早いので定期的な剪定が必要。刈込に耐える。
強く剪定すると針葉が出てくる。
原種のビャクシンより樹形が整う。
ナシやカリンの赤星病の病原菌が越冬するのに、
本種を含むビャクシン属を宿主とするので、
赤星病になる果樹の近くには植えないようにする。

 

ビャクシンの病虫害

・くもの巣病
地面に接する、または近接する若い葉が発病しやすい。
無色~淡褐色のくもの巣状の菌糸を枝葉に絡ませて、
枝先が枯死することもある。
梅雨や秋雨などの多湿期に多く発病する。
普段は枯れ葉や枯れ枝、土壌中に生息し、
湿度が高くなると蔓延する。
罹患部を見つけたら速やかに切除し、
登録された殺菌剤を二週間おきに2~3回散布する。

 

ビャクシンの豆知識

洋風の庭によく使われる樹木。

刈込に耐えるため、生垣にも使われる。

赤星病の冬季の宿主になるため、
自治体によっては植栽を禁止されている地域がある。

変種のカイヅカイブキの方が有名。

材は建築材として床柱に使われた他、
器具材や鉛筆材に使われる。

 

コメント