ラカンマキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ラカンマキ( Podocarpus macrophyllusvar. maki )

ラカンマキの特徴

ラカンマキの科名・属名

マキ科マキ属

 

ラカンマキの和名由来

実の形を袈裟を羽織った僧侶に見立て、
羅漢の様であることが由来。

 

ラカンマキの学名由来

「Podocarpus」=「podos 足」+「carpos 果」の意。
種子の付け根が肥大する特徴から。
「macrophyllus」=大きい葉の意。

 

ラカンマキの別名

特になし

 

ラカンマキの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

ラカンマキの分布

南関東以南の太平洋側、四国、九州

 

ラカンマキの葉の特徴

葉の長さは5~8㎝の扁平な針形で葉先は鈍頭。
互生し、螺旋状に密に葉が付く。
表は深緑色で、裏は灰緑色。
イヌマキと比べると葉は小さく、上に向いて付く。

 

ラカンマキの花の特徴

雌雄異株で、雄花は花柄があり円柱穂状に付く。
雌花は葉腋に付け、緑色の花托がある。

 

ラカンマキの実、種子の特徴

球果は1.5㎝程度で緑白色の球形。
花托は赤くなり、後に黒紫色に熟す。

 

ラカンマキの樹皮、枝の特徴

明るい灰色~肌色で縦に裂ける。

 

ラカンマキの育て方

ラカンマキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

ラカンマキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ラカンマキの管理方法

耐潮性があり、病害虫も少なく、土壌も選ばず、
大気汚染にも強い強健な樹種。
しかし、日差しには少し弱いので、半日陰の場所が適している。
刈込剪定にも耐えるので、玉造りにすることが多い樹種。
成長が遅いため、生垣などに向く。
果実を楽しみたい場合は、雄木と雌木を植えるようにする。

 

ラカンマキの病虫害

・白葉枯病
罹病葉は葉先から淡褐色になり、後に灰褐色の病斑に成長する。
病斑の表面には微小な黒粒点(分生子殻)が発生する。
成熟葉が罹りやすく、下方の葉が次々と罹病していく。
降雨や昆虫の媒介で拡散すると考えられている。
罹病用や落葉を速やかに処分することで防除する。

 

ラカンマキの豆知識

和風の庭に用いられる樹種だが、刈り込んで洋風の庭にも使われる。

マキは高級な庭木としても重宝される。

ラカンマキはイヌマキの変種で、
関東ではイヌマキ、関西から九州はラカンマキが利用されてきた。

材は建築材や器具材などに使われる。

 

コメント