アカエゾマツの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アカエゾマツ( Picea glehnii )

アカエゾマツの特徴

アカエゾマツの科名・属名

マツ科トウヒ属

 

アカエゾマツの和名由来

樹皮が赤いエゾマツの意。

 

アカエゾマツの学名由来

「Picea」=マツの種類を指す「pix」に基づくラテン名だが、由来は不明。
「glehnii」=サハリンの植物採集家グレーンの の意。

 

アカエゾマツの別名

シンコマツ、テシオマツ

 

アカエゾマツの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

アカエゾマツの分布

北海道に分布

 

アカエゾマツの葉の特徴

葉の長さは0.5~1.2㎝位。
葉の形は線形で先が尖るが触っても痛くはない。
葉は互生し、枝に対して直角に近い角度で立ち上がる。
葉の色は濃緑色で裏側は気孔線で緑白色に見える。

 

アカエゾマツの花の特徴

雌雄同株で、雄花、雌花共に前年枝の枝先に咲く。

 

アカエゾマツの実、種子の特徴

10月頃に、枝から垂れ下がった円柱形の球果が熟す。

 

アカエゾマツの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色。剥がれた樹皮は不規則な鱗片状。

 

アカエゾマツの育て方

アカエゾマツの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

アカエゾマツの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アカエゾマツの管理方法

自然樹形がまとまる樹木だが、
大きくなるので広い植栽スペースが必要。
痩せ地でもよく育ち、土壌を選ばない樹種。
成長は遅く、剪定にも強い。
高温には弱いので注意が必要。

 

アカエゾマツの病虫害

・特になし

 

アカエゾマツの豆知識

公園や大きな庭園に植栽される樹種。

材はパルプ用材や建築材、器具材に使われる。
国産ピアノの響板としても需要がある。

アイヌではエゾマツやアカエゾマツを信仰し、
アカエゾマツは女神の木として崇められる。

 

コメント