オオシラビソの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

オオシラビソ( Abies mariesii )

オオシラビソの特徴

オオシラビソの科名・属名

マツ科モミ属

 

オオシラビソの和名由来

シラビソに似て球果が大きいことから

 

オオシラビソの学名由来

「Abies」=ラテン語で針葉樹の一種を意味する。
「mariesii」=植物採集家マリエスの の意。

 

オオシラビソの別名

アオモリトドマツ

 

オオシラビソの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

オオシラビソの分布

青森~中部地方までの亜高山帯に分布

 

オオシラビソの葉の特徴

葉の長さは1.5~2㎝で、線形で互生する。
葉先は凹型、または円形。
表は濃緑色で、裏は二本の粉白色をした気孔帯がある。

 

オオシラビソの花の特徴

雌雄同株で、雄花は小枝の先に垂れ下がる。
雌花は卵形で紫色の花が咲く。

 

オオシラビソの実、種子の特徴

9~10月頃に円柱形で紫褐色の球果が上向きに熟す。

 

オオシラビソの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色で、樹齢が高くなるにつれ網目状に裂ける。

 

オオシラビソの育て方

オオシラビソの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

オオシラビソの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

オオシラビソの管理方法

耐寒性があり、多湿にも強い。病虫害も少ない。
強い日差しや西日に弱く、暖地にも弱い。
剪定をするときは弱剪定にとどめる。

 

オオシラビソの病虫害

・ファシディウム雪腐菌
多雪地帯で発生する病害。
積雪下で倒伏する苗木や若木の埋雪した部分で発病する。
発病すると9月頃に病葉裏面に黒色~黒紫色の小さな斑点状の菌体が生じる。
症状がひどい場合は全体が赤褐色になって葉枯れする。
伝染には二つの経路があり、
一つは菌が10~11月頃に胞子を飛ばして感染する経路。
もう一つは積雪下で菌糸が伸びて感染する経路である。
防除のためには病枝は発見し次第切除し、処分する。
また、切り口には登録農薬を塗布する。

 

オオシラビソの豆知識

日本海側の山の上に主に自生する樹種。

多雪地帯でもよく育ち、蔵王の樹氷が有名。

 

コメント