イタリアポプラの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イタリアポプラ( Populus nigra var. italica )

イタリアポプラの特徴

イタリアポプラの科名・属名

ヤナギ科ハコヤナギ属

 

イタリアポプラの和名由

イタリアに自生するポプラの意

 

イタリアポプラの学名由来

「Populus」=人民 の意。ローマの人々がポプラの木の下で集会をしたため。
「italica」=イタリアの の意。

 

イタリアポプラの別名

セイヨウハコヤナギ、ポプラ

 

イタリアポプラの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

イタリアポプラの分布

ヨーロッパ、西アジア原産

 

イタリアポプラの葉の特徴

葉はの長さは5~12㎝で卵形を帯びた菱形。
葉先は鋭く尖り、縁には細かい鋸歯がある。
表は濃緑色で裏は淡緑色。
葉柄の長さは4~6㎝ある。

 

イタリアポプラの花の特徴

3~4月頃、尾状花序を付ける。

 

イタリアポプラの実、種子の特徴

11~12月頃に長い毛の生えた種子を飛ばす。

 

イタリアポプラの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗灰色で不規則に裂ける。

 

 

イタリアポプラの育て方

イタリアポプラの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

イタリアポプラの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イタリアポプラの管理方法

成長は早いが自然樹形がきれいなので
透かし剪定を定期的に行うようにする。
陽樹なので、日当たりの良い場所を好む。
浅根性のため、強風に弱い。
若い樹木は移植に強いが、大径木は弱い。

 

イタリアポプラの病虫害

・腐らん病
枝や幹に発生して、幹枯れや枝枯れ症状を引き起こす。
傷口や枯れ枝などから病原が侵入し、罹病する。
発病部には褐斑が広がり、枝や幹を病斑が一周すると萎凋、枯死する。
防除するためには健全な樹勢を維持することが重要。
罹病した枝を見つけたら切除、処分して、
傷口には殺菌剤を塗布する。

 

イタリアポプラの豆知識

日本では公園などに植えられる樹木。
強風に弱く、大きくなるので庭には向かない。

米国のクロポプラとオウシュウポプラの雑種。

花言葉は「勇気」。

 

コメント