イヌシデの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イヌシデ( Carpinus tschonoskii )

イヌシデの特徴

イヌシデの科名・属名

カバノキ科クマシデ属

 

イヌシデの和名由来

シデの仲間の中でも特徴がないことから、
「劣る」という意味で「イヌシデ」と名づけられた。

 

イヌシデの学名由来

「Carpinus」=「Car」=ケルト語で木の意+「pin」=くびき。
くびきとは牛や馬に荷物を引かせるために首につける器具。
「tschonoskii」=須川長之助の の意。

 

イヌシデの別名

ソロ、ソロノキ

 

イヌシデの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

イヌシデの分布

岩手県以南~九州に分布

 

イヌシデの葉の特徴

葉は4~8㎝で卵形、または広卵形。互生する。
葉の縁は鋭い重鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で光沢はなく、毛が生える。
葉の裏は淡緑色で脈と脈腋に毛がある。
秋には黄葉する。

 

イヌシデの花の特徴

4~5月に開花する。雌雄異花。
雄花は穂状で、枝先に垂れ下がる。
雌花は雄花より幹側で頭状の花序を付ける。

 

イヌシデの実、種子の特徴

果苞(かほう:雌しべが葉状に変形したもの)に
包まれた堅果をつける。

 

イヌシデの樹皮、枝の特徴

枝の樹皮は灰褐色で平滑で皮目が目立つ。
若い枝は毛が密生する。
幹は灰白色で縦に裂ける。

 

 

イヌシデの育て方

イヌシデの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

イヌシデの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イヌシデの管理方法

痩せ地でも育ち、病虫害も少ない強健な樹種。
自然樹形がきれいなので、透かし剪定をすると良い。
剪定は冬の休眠時期か、新芽が固まった後に行う。

 

イヌシデの病虫害

・黒斑病
夏から秋にかけて、葉に小さな黒い斑模様ができる。
樹勢の悪化や落葉はみられない。
美観を損ねるので、病葉は早期に焼却処分する。

・ハンノキキクイムシ
成虫はの体調は2mm前後。体は黒褐色で光沢がある。
幹や枝の中で越冬する。産室で共生菌を育て、幼虫の餌とする。
寄生された樹木は被害を広げないようにするため焼却処分する。
樹勢が弱ると寄生される傾向がある。

 

イヌシデの豆知識

雑木の庭に使われる樹木。
痩せ地で育つため、山林の再生に使われる。

材は建築材や器具材に使われる。

コメント