ユリノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ユリノキ( Liriodendoron tulipifera )

ユリノキの特徴

ユリノキの科名・属名

モクレン科ユリノキ属

 

ユリノキの和名由来

属名、英名から。花の形がユリに似ているため。

 

ユリノキの学名由来

「Liriodendoron」=「Leirion ユリ」+「dendoron 木」から。
「tulipifera」=チューリプの花に似た の意。

 

ユリノキの別名

ハンテンボク、レンゲボク

 

ユリノキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ユリノキの分布

北アメリカ東部原産

 

ユリノキの葉の特徴

葉身は6~18㎝。葉は互生する。
葉の縁は全縁で4裂ないし6裂する。葉先は鈍頭。
葉の表は緑色で無毛。
裏は灰白緑色で葉脈上に毛がある。
葉柄は長く、8~18㎝ある。

 

ユリノキの花の特徴

5~6月頃に、微かに芳香のある花を枝先に付ける。
花の色は黄緑色で、花弁は6枚。

 

ユリノキの実、種子の特徴

10月頃に熟すが、冬の間は枝に残る。

 

ユリノキの樹皮、枝の特徴

樹脂は暗灰白色で平滑。
老木になると樹皮が縦に裂けて網目状になる。

 

ユリノキの育て方

ユリノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

ユリノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ユリノキの管理方法

成長が早く大径木になる樹木。
肥沃な土地を好み、乾燥には弱い。
病虫害には強いが、大径木にはベッコウタケが付くことがある。

 

ユリノキの病虫害

・べっこうたけ病
根系や樹幹下部の傷から侵入し、材を腐朽させる。
病気が進行すると形成層を侵し、樹勢を衰えさせ、
最終的に枯死させる。
感染した樹木の材は白色腐朽を起こすため極めて脆弱となり、
倒木のリスクが高くなる。
子実体(きのこ)はサルノコシカケ型で一年生。
一度感染したら防除法はないため、
支柱で倒木しないように養生する。

 

 

ユリノキの豆知識

街路樹や公園木として人気の高い樹木。

日本には明治初年に渡来した。

材は加工しやすい為、楽器や建材などにされる。

アメリカのインディアナ州の州花。

 

コメント