マルバノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

マルバノキ( Disanthus cercidifolius )

マルバノキの特徴

マルバノキの科名・属名

マンサク科マルバノキ属

 

マルバノキの和名由来

葉が円みを帯びているため。

 

マルバノキの学名由来

「Disanthus」=二つの花 の意。
「cercidifolius」=ハナズオウ属の葉に似た の意。

 

マルバノキの別名

ベニマンサク

 

マルバノキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

マルバノキの分布

本州の中部地方以西~四国の山地

 

マルバノキの葉の特徴

葉は長さ5~10㎝で円心形。
葉の付き方は互生。
葉の先は鈍頭で、縁は全縁。
葉の表は緑色で葉の裏は白緑色。
秋には赤~黄色に紅葉する。

 

マルバノキの花の特徴

10~11月頃、二輪一対の花を付ける。

 

マルバノキの実、種子の特徴

夏頃に緑色の実が付く。

 

マルバノキの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で平滑。

 

 

マルバノキの育て方

マルバノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

マルバノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

マルバノキの管理方法

山地の沢沿いに生息するため、
湿気には強いが強い日差しや乾燥には弱い。
病虫害に強く、成長は遅いため育てやすい。
自然樹形がきれいなので、
枝元から抜くような透かし剪定が良い。

 

マルバノキの病虫害

・特になし

 

マルバノキの豆知識

雑木の庭に使われる樹木。
紅葉と花を同時に観られる珍しい樹種。

‘恵那錦’という斑入りの品種がある。

野生の分布が少なく、
県によってはレッドリストに挙げられている。

 

コメント