アジサイの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アジサイ( Hydrangea macrophyraSer. fmacrophyra )

アジサイの特徴

アジサイの科名・属名

ユキノシタ科アジサイ属

 

アジサイの和名由来

アヅサキ(集咲き)から。

 

アジサイの学名由来

「Hydrangea」=「Hydor 水」+「angeion 容器」の意。
さく果の形が水を入れる容器に似ているため。
「macrophyla」=大きな葉 の意。

 

アジサイの別名

アズサイ、シチダンカ、テマリバナ

 

アジサイの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

アジサイの分布

園芸品種のため、自生地なし。

 

アジサイの葉の特徴

葉身は長さ10~20㎝で長楕円形または卵状楕円形。
葉の付き方は対生。
葉の先は鋭く尖り、縁には鋸歯がある。
葉の表は濃緑色でやや光沢があり、
葉脈上に少し毛が生える。
葉の裏は淡緑色で葉脈に毛がある。

 

アジサイの花の特徴

6~7月頃、散房状集散花序を付ける。
花弁状の萼片の色は
白色、淡紫色、淡紅色などバラエティに富む。

 

アジサイの実、種子の特徴

花後、小さな楕円形の果実が多数付く。
果実の先には2~4個の突起物が残る。

 

アジサイの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で楕円形の皮目が散生する。

 

アジサイの育て方

アジサイの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アジサイの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アジサイの管理方法

2m以上にはならないが横に広がる樹木。
病虫害は少ないが、成長は早い。
陰樹よりのため、乾燥に少し弱い傾向がある。
大きくなったら、根本から抜くように剪定して、
枝を更新させていくと管理が楽になる。

 

アジサイの病虫害

・モザイク病
春から秋にかけて、葉に発生する病害。
罹病すると淡緑色~黄色の斑紋がモザイク状に
現れて、酷い症状のときは葉が委縮して落葉する。
病原がウイルスのため、防除法はない。
病害を発見したら、株ごと処分する。

 

アジサイの豆知識

和風の庭や雑木の庭に使われる樹木。
主に鑑賞用に植栽される。

材は堅く、木釘や寄せ木細工に使われる。

確実に同定できるわけではないが、
アジサイよりも葉の光沢が弱い。
ヤマアジサイは葉に光沢がなく、
表面に毛が散生している。

イギリスにおけるアジサイの花言葉は「自慢家、高慢」。
フランスは「冷たい美しさ」。

 

コメント