ミヤギノハギの特徴と育て方

植物図鑑
  1. ミヤギノハギ( Lespedeza thunbergii)

ミヤギノハギの特徴

ミヤギノハギの科名・属名

マメ科ハギ属

 

ミヤギノハギの和名由来

仙台付近の宮城野に自生した為、という説がある。

 

ミヤギノハギの学名由来

「Lespedeza」=元フロリダ州知事V・M・ド・セスペデスにちなんだ名前。
「thunbergii」=ツンベリーの の意。

 

ミヤギノハギの別名

ナツハギ

 

ミヤギノハギの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ミヤギノハギの分布

本州中部以北の日本海側

 

ミヤギノハギの葉の特徴

葉は長さ8~15㎝前後の三出複葉で互生する。
小葉は広倒卵形で、大きさは3~5㎝。
頂葉は側葉に比べて少し大きい。
小葉の先は尖り、縁は全縁。
葉の表は濃緑色~緑色で、脈上に毛がある。
裏は淡緑色で、全面に伏毛がある。

 

ミヤギノハギの花の特徴

8~10月頃、葉腋に総状花序を付ける。
花は紅紫色で蝶形花。

 

ミヤギノハギの実、種子の特徴

小さな楕円状の豆果を付ける。
最初は緑色だが、褐色に熟す。

 

ミヤギノハギの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で縦に薄く筋が入る。

 

ミヤギノハギの育て方

ミヤギノハギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ミヤギノハギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ミヤギノハギの管理方法

背は高くならないが、成長が早いため
丸い樹形で大きくなる。
自然樹形がきれいなので、太い枝を
根元から剪定する。

 

ミヤギノハギの病虫害

・葉枯病
葉に発生する病害。
6~9月に発病し、罹病葉は淡褐色~灰褐色で不定形の病斑が生じる。
病葉は葉の縁が巻き込み、やがて早期落葉する。
病原菌の詳しい生態は不詳。
落葉は焼却処分し、登録農薬を使用して防除する。

 

ミヤギノハギの豆知識

山に自生する樹木で、雑木の庭や和風の庭に用いられる。
公園などにもよく植えられる。

別名のナツハギは、
夏に花が咲くことから名づけられた。

宮城県の県花。

 

コメント