ハリエンジュの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ハリエンジュ( Robinia pseudacasia )

ハリエンジュの特徴

ハリエンジュの科名・属名

マメ科ハリエンジュ属

 

ハリエンジュの和名由来

枝に針のあるエンジュの意。

 

ハリエンジュの学名由来

「Robinia」=パリの園芸家ロビンにちなむ。
「pseudacasia」=偽のアカシアの意。

 

ハリエンジュの別名

ニセアカシア、イヌアカシア

 

ハリエンジュの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ハリエンジュの分布

北アメリカ原産

 

ハリエンジュの葉の特徴

葉は長さ12~20㎝前後の奇数羽状複葉で互生する。
小葉は狭卵形で、大きさは3~6㎝。
葉先は凹頭で、縁は全縁。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色。
両面とも葉脈上にわずかに毛がある。
托葉は針状になる。
秋には黄葉する。

 

ハリエンジュの花の特徴

5~6月頃、葉腋や枝先に総状花序を付ける。
花は白色で蝶形花。

 

ハリエンジュの実、種子の特徴

10月頃、豆果を付ける。
最初は緑色だが、褐色に熟す。

 

ハリエンジュの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で網目状に荒々しく裂ける。

 

ハリエンジュの育て方

ハリエンジュの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ハリエンジュの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ハリエンジュの管理方法

成長が早く、再生が早い樹木。
北海道~九州まで植栽可能。
枝は風に弱く折れやすい。

 

ハリエンジュの病虫害

・炭疽病
葉や葉柄、茎に発生する病害。
葉が罹病すると小さな黒斑が生じる。
茎や葉柄が罹病すると縦長の病斑が生じ、
かさぶた状になる。
落葉した罹病葉が病原菌の越冬場所になるため、
収集して焼却処分する。
発病を確認したら、罹病部を切り取り処分する。
また、登録農薬を散布する。

 

ハリエンジュの豆知識

耐潮性があり、成長が早い為、
海岸林に使われる樹木。

街路樹や公園にも用いられる。

花は蜂蜜の蜜源になる。

材は薪や細工物に用いられる。

フランスのハリエンジュの花言葉は「プラトニックな恋」。
イギリスでは「友情」。

日本には明治8年頃に渡来し、街路樹として植えられた。

 

 

コメント