アケビの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アケビ( Akebia quinata)

アケビの特徴

アケビの科名・属名

アケビ科アケビ属

 

アケビの和名由来

「開実(アケミ)」の転。諸説あり。

 

アケビの学名由来

「Akebia」=和名にちなむ。
「quinata」=五つの の意。複葉が五枚のため。

 

アケビの別名

アケビカズラ、アケビヅル

 

アケビの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

アケビの分布

本州~九州の山地

 

アケビの葉の特徴

葉は掌状複葉で、5枚の小葉からなる。
小葉の大きさは6㎝の狭長楕円形。
葉の付き方は互生。
縁は全縁で、葉先は凹頭。
葉の表は濃緑色で、裏は淡緑色。

 

アケビの花の特徴

3~4月に開花。花弁はなく、萼片が3個付く。

 

アケビの実、種子の特徴

果実は紫色をしており、熟すと開裂する。

 

アケビの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色~灰褐色で細かくひび割れ、隆起する。
つるは左巻きに巻く。

 

 

アケビの育て方

アケビの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

アケビの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アケビの管理方法

木本性つる植物の一種で、
他の樹木に巻き付きながら成長する。
近くの樹木に絡み、痛めることがあるので
つる先の誘因、剪定は定期的に行った方が良い。
陽樹のため日向を好む。
花を付けるまでは年月を要するため、
新植から結実するまでは数年を要することがある。
自家不和合成のため、結実させるためには
二株以上のアケビが必要。

 

アケビの病虫害

・斑点病
罹患すると新葉の葉脈に区切られた部分に
褐色ないし濃褐色の病斑が生じる。
病斑は肥大化して融合し、大型化する。
病葉は早期落葉する。
落葉は感染源になり得るため焼却処分する。

 

アケビの豆知識

つる性のため、フェンスや柵、アーチに絡ませて使う。

果肉は甘く、食用にされる。
古代では無病延命の果実として朝廷に献上された。

つるはかご細工に用いられる。

木部にはアケビンを含有する。
木通という生薬名で流通し、利尿作用がある。

 

コメント