マタタビの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

マタタビ( Actinidia polygama)

マタタビの特徴

マタタビの科名・属名

マタタビ科マタタビ属

 

マタタビの和名由来

アイヌ語のマタタンプ(マタタビのこと)にちなむ。
諸説あり。

 

マタタビの学名由来

「Actinidia」=「aktis 放射線」にちなむ。
「polygama」=雑居性花 の意。

 

マタタビの別名

ナツウメ、ネコナブリ

 

マタタビの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

マタタビの分布

北海道~九州の山地

 

マタタビの葉の特徴

葉の大きさは6~15㎝の広卵形。
葉の付き方は互生。
縁には低い鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色。
花を付ける梅雨時期になると
葉の上半部、または全体が白色ないし淡い桃色になる。

 

マタタビの花の特徴

6~7月頃に開花。
ウメに似た白い五弁花が付く。

 

マタタビの実、種子の特徴

果実は長楕円形で先が少し尖る。
大きさは3㎝程度で黄色く熟す。

 

マタタビの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色~灰白色で不規則に剥がれる。
新枝は赤紫色~赤褐色。

 

 

マタタビの育て方

マタタビの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

マタタビの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

マタタビの管理方法

野良猫の被害を受けるので、庭木には向かない。
木本性つる植物の一種で、
他の樹木に巻き付きながら成長する。
近くの樹木に絡み、痛めることがあるので
つる先の誘因、剪定は定期的に行った方が良い。

 

マタタビの病虫害

・特になし

 

 

マタタビの豆知識

山地に自生するつる性木本植物。

樹全体にイリミドルメシン等を有し、
この成分がネコを酩酊状態にする。

果実は生で食べられる。
完熟前の果実をマタタビ酒にする。

山形県小国町ではマタタビ細工という特産品がある。

 

コメント