ミヤマシキミの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ミヤマシキミ( Skimia japonicavar. japonica )

ミヤマシキミの特徴

ミヤマシキミの科名・属名

ミカン科ミカン属

 

ミヤマシキミの和名由来

山奥に自生するシキミの意。

 

ミヤマシキミの学名由来

「Skimia」=和名のシキミが由来。
「japonica」=日本の の意。

 

ミヤマシキミの別名

ミヤマモッコク

 

ミヤマシキミの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

ミヤマシキミの分布

関東以南の本州、四国、九州に自生する

 

ミヤマシキミの葉の特徴

葉の大きさは4~9㎝の長楕円状被針形。
葉の付き方は互生。
縁は全縁で、葉先は鈍頭。
葉の表は濃緑色で光沢があり、主脈が目立つ。
裏は淡緑色。葉柄は紅色を帯びる。

 

ミヤマシキミの花の特徴

4~5月頃に白い小花を枝先に密生させる。

 

ミヤマシキミの実、種子の特徴

11~12月頃、楕円形~球形で赤色の実が付く。

 

ミヤマシキミの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で皮目が目立つ。

 

 

ミヤマシキミの育て方

ミヤマシキミの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ミヤマシキミの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ミヤマシキミの管理方法

雌雄異株のため、雌株しか実が付かないので要注意。
陰樹のため、日陰~半日陰の立地を好む。
成長が遅く、育てやすい。
自然樹形がきれいなので、透かし剪定で管理する。

 

ミヤマシキミの病虫害

・特になし

 

 

ミヤマシキミの豆知識

大きくなりにくい常緑樹として庭木に使われる樹木。

冬になるミヤマシキミの赤い実は
センリョウやマンリョウと共に、正月飾りにされる。

欧米で人気が高く、赤花の‘ルブラ’などの品種がある。

 

コメント