キハダの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

キハダ( Phellodendoron amurense )

キハダの特徴

キハダの科名・属名

ミカン科キハダ属

 

キハダの和名由来

樹皮の下に黄色い層があることから。

 

キハダの学名由来

「Phellodendoron」=「phellos コルク」+「dendron 樹木」。
コルク質が発達することが由来。
「amurens」=シベリアのアムール地方の の意。

 

キハダの別名

キワダ、オウバク、シコロ

 

キハダの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

キハダの分布

北米原産

 

キハダの葉の特徴

奇数羽状複葉で葉の付き方は対生。
葉の長さは20~45㎝程度。
小葉は7~15枚付き、大きさは5~10㎝。
小葉の形は卵状長楕円形。
縁は細かい鈍鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色で、脈に毛がある。
裏は帯白色。秋には黄葉する。

 

キハダの花の特徴

初夏、黄緑色の小花を付ける。

 

キハダの実、種子の特徴

秋頃に球形の果実が黒熟する。
果実は柑橘系の香りがする。

 

キハダの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で葉痕が目立つ。
老木になると灰黒色になり、
不規則にコルク質が発達する。

 

 

キハダの育て方

キハダの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

キハダの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

キハダの管理方法

成長が早く、剪定が難しい為、庭には不向き。
乾湿の耐性、耐寒性も強い為、植栽場所は選ばない。

 

キハダの病虫害

・さび病
葉に感染し、黄色の病斑を形成する。
病斑は後に壊死して黒色になり、早期落葉する。
この病原菌は異種寄生性で、
アカマツにも寄生し、葉さび病の原因になる。
罹病を確認したら直ちに切除し、焼却処分する。
新葉の展開期には登録農薬を散布して防除する。

 

 

キハダの豆知識

北アメリカ原産で、山地に自生する樹木。
日本には黄色の染料として中国から渡来した。

漢方でキハダの樹皮を「黄柏(オウバク)」といい、
健胃整腸薬として用いられる。

樹皮の内皮は黄色の染料に用いられる。

材は光沢が美しい為、建材や工芸品に使われる。

 

 

コメント